月別アーカイブ: 2015年12月

A01 茅ヶ崎市避難訓練アプリ製作プロジェクト

・プロジェクト概要
本プロジェクトのアプリでは、茅ヶ崎市を中心に災害に対する意識を高め、避難場所(学校、病院、公園など)の経路を把握し、被害想定を考え安全な場所に避難することを目的とする。主な機能としてAR機能を用いた避難訓練。現在地から避難所までの経路を示し、間違ったルートに進むとプッシュ機能で表示して知らせる。表示する避難所データは自治体の提供されたオープンデータとチームで調査したデータを使用する。災害時ネットワークが使用できない場合を想定し、オフライン機能を付け、防災対策や救護マニュアル機能を取り入れる。茅ヶ崎市在住の人をターゲットとする。
・動機と狙い
茅ヶ崎市は、海と山に囲まれているため、様々な自然災害が起こると予想される。また、高齢者や1人暮らしの学生が多いため、災害が起きた際、被害が大きくなると考えられる。このプロジェクトにより避難所など災害に対する防災知識を高める。避難訓練を通して災害発生時に被害を軽減させ対処することが狙いとする。
・開発環境
○ Eclipse ○ Android Studio ○ Illustrator ○ Photoshop
・開発言語
○ java ○ php
・開発期間
○ 2015年4月15日~2015年12月19日
・チームメンバ
プロジェクトマネージャ 友野秀平
開発チームリーダ 金田直樹
データベース担当 石井裕也
プログラマ 清水大賢
塩森あゆみ
インターフェース・デザイナ 鈴木玲奈
・ARカメラ
A01_1 ARカメラとは
カメラを使って映し出される映像上に様々な情報を重ね合わせ、現実の映像を「拡張」する技術のこと。
・GoogleMapAPI
A01_2 GoogleMapAPIとは
Gooleが提供する無料地図サービス。APIを使用することにより独自の画像やマーカーを表示できる。

A03 日本人Redditユーザおよび新規ユーザのためのReddit閲覧用アプリケーション開発プロジェクト

目 的:日本人新規ユーザのためのスマートフォン向けReddit閲覧用ア プリケーションの開発プロジェクト

目 標:モバイル版アプリケーション特有の使いにくさを解決し、日本 人新規ユーザの敷居を下げる。

その他:PCで見たときと同様にCSSを表示できるようにする。 日本語への翻訳機能。

A04 ライトノベル読者のためのレコメンデーションサイト制作プロジェクト

現在、次々と刊行されるライトノベルの中から自分の嗜好にあった作品を見つけるのはやや難しくなってきている。しかしその一方、ライトノベル市場の拡大は2013年頃に頭打ちになったとされている。それらの問題の改善のために、既存の通販サイト・紹介サイトよりも正確に読者の嗜好に合うものを紹介できる新たなライトノベル紹介サイトを制作する。当サイトでは、ユーザにお気に入り作品を登録してもらうことで、ライトノベル同士を関連付けし、新たな作品をユーザに提示する。

A05 運動不足の人のための家でできるエクササイズを説明するアプリケーションの制作プロジェクト

運動不足の人の運動不足の改善及び、生活習慣の改善を目指し、本プロジェクトでは、対象のユーザーを15~20代の学生及び、社会人に絞り個人に合ったエクササイズを提供できるアプリケーションの作成を目指す。また、若者をユーザーの対象としているため、ゲーム感覚でエクササイズを進められるようにアプリケーションにゲーム要素を取り入れる。アプリケーションの目的としては「このアプリケーションを通じて、楽しくユーザーに運動を促し、その運動によって使用者の運動不足の改善及び生活習慣の見直しを図れる」を目的とする。

A06 NPO向けイベント開催および参加を支援するCGMサイト開発プロジェクト

使用者は何らかのイベントを企画し、それを人々に発信、参加者を募るためにこのサービスを利用する。このサービスはサイト内のアカウントを利用することでイベント情報を見ることができる。また、イベントを作成したり、誰かが企画しサイトに投稿したイベントに応募して、参加を表明することができる。誰が参加したか何人参加したかがわかるように情報ページに公開されるようにする。主な利用例として、ゴミ拾いボランティア、講演会、ライブ、説明会など。NPO団体がこのサイトを利用することで参加者を募りより多くの参加者を集めることで活性化を図るものとする。イベントに参加した人にはポイントが与えられ、ポイントに応じて定員に達したイベントへの優先参加権などの特典が付く。また、NPO主催のイベントはトップページの注目記事として掲載されより注目を集めるようにする。これによりNPOイベントの認知度を高める働きを得る。

A07 スマホユーザー向けの戦略シミュレーション×脳トレ スマホアプリ制作プロジェクト

盤面上のキャラクターを動かしてマップを攻略していく
戦略シミュレーションゲームに、脳の運動を行って活性化を促す
脳トレゲームを組み合わせた、新ジャンルのゲームを制作する。

オンラインによる他ユーザーとの協力が可能で、
戦略シミュレーションならではの個性的なキャラクターなども用意し、
共闘意識・他ユーザーと比べて高い戦績を上げたい意欲を沸かせ、
そこに課金要素を組み合わせる仕様を組み入れて、
収益を上げられるアプリケーションに仕上げていく。

「誰でもできる」を前提とした脳トレ問題の回答を戦略シミュレーションにおいての「攻撃」として扱う。
利用者にとってゲームのクリアとは、まずこれらのような脳トレ問題に挑まなければクリアできない。

本プロジェクトは某ゲームメーカーからの発注を受けた、
下請けの開発企業を想定して進めていく。

≪利用対象者≫
・スマートフォンユーザー全員
→目新しいジャンルのゲームに仕上げ、公表していくことで、特にスマホアプリゲームが好きな若年層からの流行を狙う。

≪開発について≫
・Eclipse
→java, Objective-Cを用いてシステムを構築

・Adobe Photoshop
・Adobe Illustrator
・Adobe Flash professional
→インターフェース・あるいは独特のゲームらしさをデザインするため に利用する

・ MySQL
→ユーザー情報・脳トレの問題・ゲーム内容のデータベースを構築する ために利用。

A08 文教大学版大学生のための学生支援アプリケーション開発プロジェクト

大学生になるとアルバイトを始めたり高校生の時よりも友達と過ごす時間が増えたりする。また、部活やサークルでの付き合いもあるし遊びだけではなく勉強もしなくてはならない。そこで、スケジュールの管理やお金の管理に加え時間割の管理やアルバイトの紹介などをこのアプリ1つでできるようにすることでよりよい大学生活が送れるようにすることを目標にしている。

A09 幼児教育パズルアプリケーション開発プロジェクト

幼児教育パズルアプリケーション

ゲーム感覚で楽しく幼児教育ができるパズルに着目をしたプロジェクトを立てた。幼児向けの教育パズルを製作することで幼児教育に必要な想像力の育成や能力開発のサポートをしていく。その際にライブ2Dを活用することでより脳に刺激を与えるだけでなく、知的好奇心も引き出すことができる。またパズルをはめ込むために、論理的・理論的な思考、イメージ記憶や瞬間的な記憶、直感・ひらめき・瞬間的に処理する能力なども必要になってくる。これらの能力を育成していくことで左脳と右脳の両方をトレーニングして鍛えていく。パズルの種類としてはスライドパズルとジグソーパズルがある。
目的として、スライドパズルが解体されていく過程を見せて暗記させて解かせることで、主に記憶力の強化を期待できる。
解いた後の動物をライブ2Dを活用して動かすことで、利用者の創造力を広げ、知的好奇心を擽る。
スライドパズルとジグソーパズルの両方を取り入れることで、飽きることなくパズルをすることができ少しの間子供を世話する効果が期待できる。

 

メンバー

プロジェクトマネージャー  齋藤佳祐
プログラマー  田澤拓真  具足凌大  平岡 礼成
デザイン  冨田綾真  深澤央

 

使用ソフト

eclipse LIVE2D Adobe Photoshop Adobe Illustrator

 

画面

パズル画面(スライド)

pazuru

 

ジグソー

ziguso

 

LIVE2D

LIVE2D

 

A10 防犯・防災を目的とした出席状況管理アプリ開発プロジェクト

このアプリの目的として「業務の効率化・早期対応」です。現在、児童が犯罪に巻き込まれる事案や、登校中の事故、自然災害に遭うケースが増えてきている。様々な状況で児童の出席状況を瞬時に把握できることは早期対応につながる。アプリ導入時に、出席不明(連絡がない)児童が発見されたときに登校班の割り出しや、個人情報の表示から保護者への確認などを行うための手助けとなるものである。各教員が勤務中にタブレットで確認、更新を行い、その情報は管理職のもとに集まってくる。有事の際の早い対応に焦点をあてたものである。注意しなければいけないところは、ただの出席管理アプリにならないようにしなければいけない。