「学びの継続」のための 「学生支援緊急給付金」の申請について(第2報)

新型コロナウイルス感染症の影響により、経済的に困窮する学生を対象とした「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」制度の実施が決定されました。
文教大学においては以下の要領で募集いたしますので、受給を希望する方は期間内に申請してください。

※本制度出願に関するQ&Aはこちらを確認してください(随時更新します)

 

1.支給対象者の要件(基準)

支給要件に該当する学部生、大学院生、専攻科生、留学生別科生を対象とします。
詳細は文部科学省「「学びの継続」のための『学生支援給付金』申請の手引き(学生・生徒用)」をご参照ください。

本学としては以下の通り取り扱うこととし、原則としてすべての要件に該当することが必要です(⑦は留学生のみ。また、留学生は⑥に該当する必要なし)。

支援要件 補足
①家庭からの多額の仕送りを受けていない 学納金を含む仕送りの合計が年額150万円以下であることを目安としますが、超えていても申請は可能です。
②原則として自宅外で生活をしている ・「自宅外」とは生計維持者(父母等)のもとを離れ家賃を支払って生活している状態です。

一時的に帰省している場合であっても、賃貸契約が継続中であれば「自宅外」とみなします。

・また、自宅通学であっても、家庭からの支援を受けていなければ(学費の多くを自ら支払っているなど)対象とします。

③生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い 2年生以上においては2019年度のアルバイト収入(年額)、1年生については2020年度のアルバイト収入(年額)で当初見込んでいた額を申告いただきます。
④家庭(両親のいずれか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない 新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少があり、国や地方公共団体から公的支援を受けている場合は、それがわかる資料を提出いただきます(該当者のみ)。
⑤コロナ感染症の影響でアルバイト収入(雇用調整助成金による休業補償を含む)が大幅に減少(前月比の50%以上減少)している ・2020年1月以降(1年生については2020年4月以降)で、前月比50%以上の減収があった場合とします。

・4月に入学した場合で、アルバイト就業実績がないものの、見込まれたアルバイト収入が得られなくなってしまった場合は対象とします

⑥既存制度について以下の条件のうちいずれかを満たす

1)高等教育の修学支援新制度(以下、新制度)の第Ⅰ区分の受給者

2)新制度の第Ⅱ区分又は第Ⅲ区分の受給者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の併給が可能なものにあっては、限度額まで利用している者又は利用を予定している者

3)新制度に申込みをしている者又は利用を予定している者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者

4)新制度の対象外であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者

5)要件を満たさないため新制度又は第一種奨学金(無利子奨学金)を利用できないが、民間等を含め申請が可能な支援制度の利用を予定している者

・高等教育の修学支援新制度とは、2020年4月から始まった日本学生支援機構の新しい給付奨学金(授業料減免含む)を指しします。

 

・第一種奨学金とは、日本学生支援機構の貸与奨学金の種別の1つです。

 

・申請時点で日本学生支援機構の給付奨学金、貸与奨学金のいずれも受けていない場合は、原則として1か月以内になんらかの支援制度に申し込む予定であることが求められます。なお、
「5)」に該当する方は、アンケートにおいて申し込み予定の支援制度を記載してください。

⑦留学生等(日本語教育機関の生徒を含む)については、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、経済的に困窮していることに加えて、以下の要件を満たすことが必要。(「外国人留学生学修奨励費」等と同様。)

1)学業成績が優秀な者であること。具体的には、前年度の成GPAが 2.30 以上であること

2)1か月の出席率が8割以上であること

3)仕送りが平均月額 90,000 円以下であること(入学料・授業料等は含まない。)

4)在日している扶養者の年収が 500 万円未満であること

 

 

2.申請方法・日程

申請には、以下(1)、(2)の手続きが必要です。

 

(1)「学生支援緊急給付金を受けるための要件に係る誓約書」および「学生支援緊急給付金申請書」の提出


B!bb’sのアンケート「「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」の申請について」に回答してください。アンケートへの回答をもって、「誓約書」および「申請書」の提出とみなします。

・文部科学省「申請の手引き」には、それぞれの様式をダウンロードのうえ必要事項を記入するよう指示がありますが、本学の手続きでは不要です。

・また、同じく「申請の手引き」では、LINEによる受付を行う可能性が記載されていますが、本学ではB!bb’sでの申請のみとします。

 

【申請締切】
2020年6月7日(日)23:59

※公平性の観点から期限内に回答が間に合わなかった場合は、理由の如何に問わず一切受け付けることはできません。
※アンケート回答後は、[回答済]になっていることを必ず確認してください。

 

(2)関係書類の提出(郵送)


・(1)の申請にもとづき、ご自身に該当する書類を郵送(レターパック使用)してください。

・関係書類の詳細は「3.提出書類」に記載しています。

・やむを得ない事情で書類を提出できない場合は、(1)のアンケートの「申し送り事項」に詳細な状況を記載してください。

 

【書類提出締切】
2020年6月12日(金)必着

【書類送付先】
〒253-8550 神奈川県茅ケ崎市行谷1100 
文教大学 教育支援課 「学生支援緊急給付金」係

【書類送付方法】
学生支援緊急給付金送付票 を必ず同封すること
レターパックライトを使用し、期限までに必着で郵送すること
・「品名」には、「学生支援給付金関係書類」と記載すること

 

 

3.提出書類

以下の書類を提出してください。やむを得ない事情で提出できない場合は、アンケートの「申し送り事項」に詳細な状況を記載してください。書類や情報の不足により状況が判別できない場合は、個別にヒアリングを行うことがあります。

※文部科学省「「学びの継続」のための『学生支援給付金』申請の手引き(学生・生徒用)」に“任意”、”提出可能な場合”とある場合についても、本学では推薦者選考のために使用しますので、下記の記載を優先してください。

取り扱い 書類名 補足
必須 学生支援緊急給付金送付票 ・提出書類を送付する際には、全員提出が必要です。

・印刷して記入したものを提出書類送付時に同封してください。

原則必須 ①預貯金通帳の写し ・文部科学省「申請の手引き」には「任意」との記載がありますが、支給要件「①家庭から多額の仕送りがない」「⑤コロナ感染症の影響でアルバイト収入が大幅に減少(前月比50%以上)」の確認に使用しますので、必ず提出してください。

・2020年1月以降の3か月分程度を提出してください。4月入学者については4月以降分を提出してください。

・なんらかの事情で提出できない場合は、アンケートの「申し送り事項」に、提出できない理由と、状況の詳細を記入してください。

該当者
のみ
②アパート等の賃貸契約書の写し ・自宅外通学に該当する方は提出してください。

・契約日・入居日・契約期間・契約内容等がわかり、本人の居住が明確に判別できるものを提出してください。

・提出できない場合は、直近の家賃の支払い証明書や、住民票の写しを提出してください。

原則必須 ③アルバイト先からの給与明細の写し ・文部科学省「申請の手引き」には「任意」との記載がありますが、支給要件「⑤コロナ感染症の影響でアルバイト収入が大幅に減少(前月比50%以上)」の確認に使用しますので、必ず提出してください。

・2020年1月以降の3か月分程度で、減収したことがわかる月のものを提出してください。

・なんらかの事情で提出できない場合は、アンケートの「申し送り事項」に、提出できない理由と、状況の詳細を記入してください。

該当者
のみ
④コロナ感染症対策に係る公的支援措置を受けている場合の受給証明書 新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少があり、国や地方公共団体から公的支援を受けている場合は、それがわかる資料を提出してください。
該当者
のみ
⑤住民税非課税証明書 日本学生支援機構給付奨学金の第Ⅰ区分の受給者以外で、非課税世帯として申請する方は必ず提出してください。(第Ⅰ区分受給者は大学で把握していますので、提出不要です)
該当者
のみ
⑥日本学生支援機構以外の奨学生証等の写し ・奨学生証又は受給状況が分かる書類を提出してください。

・日本学生支援機構奨学金の需給状況は大学で確認できますので奨学生証の提出は不要です。

 

 

4)注意事項

・大学に与えられる推薦枠には限りがあるため、要件を満たしていたとしても必ず受給できるとは限りません
・申請内容の虚偽が判明した場合は、給付金の返還を求められるとともに懲戒処分の対象となる可能性がありますのでご注意ください。

 

 

 

【三菱UFJグループから】モニター協力による学生アルバイトの募集について

三菱UFJグループから、アルバイト等の収入が減少した学生を対象とした学生アルバイトの募集案内がありましたので、お知らせします。

募集案内はこちら⇒「MUFJ β(ベータ)学生モニター募集」

応募する場合は、あらかじめ募集案内に記載されている内容をよく確認し、5月25日(月)~6月3日(水)の期間内に、募集案内に記載の応募URLまたはQRコードから手続きを進めてください(手続きは5月25日(月)から行うことができます)。

当制度及び応募方法に関する問い合わせにつきましても、募集案内下部に記載されている問い合わせ先へ連絡してください。

【情報社会学科】2020年度春学期 2年生「総合演習A」 クラス分け表および資料について

2020年度春学期情報社会学科「総合演習A」のクラス分け表および資料等を掲載します。

詳細は下記PDFを参照してください。

 

・オリエンテーション資料およびクラス・グループ分け表

2020年度「総合演習A」履修オリエンテーション資料

2020年度「総合演習A」第1回授業時オリエンテーション資料

2020年度「総合演習A」クラス分け表

2020年度「総合演習A」クラス別グループ分け表

 

・各クラス 授業日程・読書範囲

総合演習A 授業日程・読書範囲(Aクラス前半)

総合演習A 授業日程・読書範囲(Bクラス前半)

総合演習A 授業日程・読書範囲(Cクラス前半)

総合演習A 授業日程・読書範囲(Dクラス前半)

総合演習A 授業日程・読書範囲(Eクラス前半)

 

総合演習A 授業日程・読書範囲(Aクラス後半)

総合演習A 授業日程・読書範囲(Bクラス後半)

総合演習A 授業日程・読書範囲(Cクラス後半)

総合演習A 授業日程・読書範囲(Dクラス後半)

総合演習A 授業日程・読書範囲(Eクラス後半)

2020年度春学期オンデマンド授業について

新型コロナウイルス感染症対応のため、一部の科目を2020年度春学期中すべてオンデマンド授業で行います。
なお、スクーリングを実施する場合、後日お知らせいたします。

オンデマンド授業一覧2020/5/11更新

時間割の曜日・時限で実施される授業もあります。
履修登録をした授業を確認し、受講してください。

 

 

新型コロナウイルス感染症対応による一部授業の抽選対応について

下記の科目は対面授業実施後の大教室内人口密度で「3密」を避けることが困難な履修者数となりました。
そのため、通常の授業運営と異なりますが、やむを得ず抽選を行う対応といたしました。

 

【第2回履修登録終了時】
・文化人類学(月曜日4限)
・現代社会のエネルギー論(火曜日2限)
・NPO・ボランティアの理論(火曜日3限)
・キャリア形成B(火曜日5限)
上記の科目は、第3回履修登録で新たに登録することはできません。

 

【第1回履修登録終了時】
・人間関係論(火曜日2限)
・スポーツ科学(水曜日2限)
・情報化戦略(水曜日3限)
・ゲーム企画論(木曜日2限)
上記の科目は、第2回履修登録と第3回履修登録で新たに登録することはできません。

 

新型コロナウイルス感染症対応のため、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2020年度春学期 履修登録・抽選登録日程について

4/24更新_入構禁止期間が6/10まで延長となったため、4/16に掲載した内容を一部変更しました。変更した箇所は赤字で表示されています。(履修登録期間に変更はありません。)

2020年度春学期の履修登録・抽選登録は、下記表の期間に行ってください。期間外の登録はできません。(「2020年度時間割」冊子P11に記載された履修登録期間は変更前の日程です。ご注意ください。)

「履修のてびき」「時間割冊子」を確認の上、B!bb’sから履修登録をおこなってください。

 

新入生については、教育支援課HPの「【新入生向け】授業・学生生活に関するオリエンテーション資料」の各学科のカリキュラムオリエンテーション及び「履修登録の方法」、「シラバス(授業概要)の見方」をあらかじめよく読んで登録を行って下さい。

 

なお、履修登録及びオンライン授業に関する電話での問い合わせには応じられません。
質問がある場合には、入構禁止が解除された5月7日(木)以降は、来校してご相談ください。(感染症の拡大状況により来校での相談をとりやめる可能性もあります) →入構禁止期間が6月10日まで延長になった為、来校しての相談については検討中です。

入構禁止となっている6月10日までは、問い合わせフォームに質問内容を入力し、送信してください(フォームの利用には、@bunkyo.ac.jpアカウントでログインしている必要があります。また、質問が複数ある場合は、なるべく1件ずつ送信してください。)。
回答は同趣旨の質問を取りまとめて1日数回に分けて回答集に掲載します(内容によってはB!bb’s等で直接ご連絡します)ので、即時回答はできません。ご了承ください。

 

【2020年度春学期 履修登録・抽選登録日程】

内容 登録期間
履修登録1回目・抽選登録1回目 2020年4月27日10:00 ~ 4月28日23:59
抽選登録1回目 結果発表 2020年5月7日10:00 ~
履修登録2回目・抽選登録2回目 2020年5月7日10:00 ~ 5月8日23:59
抽選登録2回目 結果発表 2020年5月13日10:00 ~
履修修正(履修登録3回目) 2020年5月13日10:00 ~ 5月20日23:59

※抽選登録で当選した科目以外は、履修登録期間中であれば何度でも修正することが可能です。
※履修登録の最後に「チェック」「確定」ボタンを押し忘れたことによる履修漏れが多くみられます。履修登録を終了する前に、必ず右上の「チェック」をクリックしてから「確定」ボタンをクリックしてください。
※終了間際はサーバーが込み合いますので必ず早めに登録を行うようにしてください。
※スマートフォン・タブレット端末での動作保証はしておりません。可能なかぎりパソコンから登録を行うようにしてください。

 

学内パソコン教室利用可能日程の確認はこちら
※複数のパソコン、または複数のタブやブラウザで同時にB!bb’sを操作しないでください。履修登録が正しく行われません。

 

【抽選対象ではない科目の抽選実施について】(2020/5/1追記)

以下の科目は、抽選対象科目ではありませんが、対面授業実施後の大教室内人口密度で「3密」を避けることが困難な履修者数となってしまいました。
そのため、通常の授業運営と異なりますが、やむを得ず抽選を行う対応となりましたので、お知らせいたします。

009015C 火曜2限「人間関係論」(共通教育科目)
009017A 水曜2限「スポーツ科学」(共通教育科目)
P30C151A 木曜2限「ゲーム企画論」(情報システム学科選択科目)
R10C023A 水曜3限「情報化戦略」(経営学科選択科目)

抽選結果は、通常の抽選科目と同様に、時間割画面に表示されていれば当選、
非表示の場合は落選となります。
通常の授業運営と異なる対応となりますが、何卒ご理解ご協力の程お願いいたします。

 

 

 

2020年度 授業日数表・行事予定表について

2020年度春学期の授業開始日を5月14日(木)としてお知らせしていますが、それ以降の授業日程および行事予定も確定しました。下記より確認してください。

 

授業日数表のカレンダーには各曜日の授業回数が丸数字で記載されていますが、既にご連絡しているとおり授業開始から6月10日(水)までの期間は、全ての授業がオンラインで実施されるため、対面で授業を行うようになるまでは必ずしも時間割で指定された曜日時限にオンライン授業を受講するとは限りません。抽選登録・履修登録2回目終了以降に各授業の担当教員より順次指示がありますので、指示に従って受講してください。

 

2020年度授業日数表・行事予定表(湘南校舎 大学

(「2020年度時間割」冊子P3~4に記載された授業日数表・行事予定表は変更前の日程です。ご注意ください。)

2020年度授業日数表・行事予定表(湘南校舎 大学院

(「2020年度大学院要覧」P2に記載された行事予定表は変更前の日程です。ご注意ください。)

 

入学時に配布された「履修のてびき」について

入学時に配布された「履修のてびき」が、紛失等により手元にないというご相談が少なからずありましたので、本年度に限り、2013~2019年度に配布された「履修のてびき」を掲載します。手元に「履修のてびき」がない方は、下記のご自身の入学年度のてびきを確認してください。

カリキュラム変更などの為、入学年度により「履修のてびき」に掲載されたカリキュラム等が異なる場合があります。入学年度を間違えないようご注意ください。

 

  2013年度 履修のてびき

  2014年度 履修のてびき

  2015年度 履修のてびき

  2016年度 履修のてびき

  2017年度 履修のてびき

  2018年度 履修のてびき

  2019年度 履修のてびき

 

(在学生該当者向け)日本学生支援機構新給付奨学金 現況届の提出について

※本ページの内容は、現在2年生以上で、新しい給付型奨学金の在学予約の申し込みを行い、採用決定の連絡(4/15)を受けた方を対象としています。対象者の学籍番号Gmailアドレスに本件に関するメールを送信しておりますので、あわせてご確認ください。
 
日本学生支援機構奨学金給付奨学金(以下、新制度)の在学予約採用者は、「現況届(兼通学形態変更届)」により、在学予約採用の申し込み時の状況から変更が無いか等を届け出る必要があります。
期日までに、以下の手続きを必ず行ってください。


1.手続きの流れ
(1)スカラネット・パーソナルに事前登録してください。
※日本学生支援機構奨学金を今回初めて利用する方は、新規登録が必要です。
※新規登録およびログイン時に必要となる奨学生番号は、学籍番号Gmailアドレスにお送りしたメールに記載されています。
(2)「現況届(兼通学形態変更届)」をダウンロードし、下書きを作成してください。
(3)下書きした「現況届(兼通学形態変更届)」の内容をスカラネット・パーソナルから提出(入力)してください。


【現況届提出〆切(全員)】
2020年5月12日(火)
※期限までに現況届の提出がされない場合、採用が取り消されることがあります。

 

 

2.下記に該当する方は、必要書類を提出してください。

(1)自宅外通学の方
自宅外通学の給付月額の支給を受ける方は、「給付奨学金 『自宅外通学証明書類』 提出書」とともに自宅外通学の証明書類(賃貸借契約書、入寮許可証等)を教育支援課に提出(郵送)してください。
【提出先(郵送先)】
〒253-8550
神奈川県茅ヶ崎市行谷1100
文教大学湘南校舎教育支援課 奨学金担当 

 

【提出〆切】
5月15日(金)(必着)
※郵送には、簡易書留またはレターパックライトを利用し、必ず追跡番号を控えてください。

(2)日本国籍以外の方
申込時から、「国籍を日本国以外に変更した場合」、「在留資格を変更した場合」、「在留期間を更新した場合」は「給付奨学金『在留資格証明書類』提出書」とともに在留資格に関する証明書類(在留カードのコピー、特別永住者証明書のコピー(両面)、住民票の写し 等)を教育支援課に提出してください。
(3)生計維持者の追加・変更があった方
(4)事情により申込時にマイナンバーを提出できなかった方

申込時から生計維持者が変更になった方、事情により申込時にマイナンバーを提出できなかった方はマイナンバーの提出が必要です。
【提出先(郵送先)】
現況届提出後に、日本学生機構から申込者本人宛にマイナンバー提出書が送付されますので、記載内容に従って提出してください。