2022年度春学期授業に関する諸注意(2022/04/15追記)

2022年度春学期の授業受講にあたっては、以下を確認してください。

1)感染症拡大防止のための行動指針
以下の指針に従って、新型コロナウイルスの感染拡大に努めてください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための学生の行動指針

2)情報倫理に反する行為の禁止
特にオンライン授業を受ける場合にあっては、以下の事項を遵守のうえ、情報倫理に反することのないよう、くれぐれもご注意ください。

「情報倫理に反する行為」の禁止について 

3)授業教室について
授業開始より当面の間は、予定されていた教室が変更になることがあります。
教室変更が生じた場合、履修者にはその都度メールでお知らせしていますが、ご自身でも、授業当日に教育支援課HPやB!bb’sの「学生時間割表」で教室を確認してください(前日の情報から変更があり得ますので、当日に確認してください)。

4)初回授業の方法について
manabaの各授業に掲載されている指示に従って受講してください。

5)教科書販売について
学内では文教サービス(厚生棟1階)で販売しています。

6)通学マナーについて
・公共交通機関(バス・電車)を利用して通学する場合は、他の利用者の迷惑にならないように気を付けるとともに、迷惑行為については学生同士でも注意しあうようにしてください。また、優先席を必要としているとしている人はたくさんいます。積極的に席を譲りましょう。
・自転車やバイク(原付・自動二輪車)で通学する場合は、交通ルールを順守し安全に通学してください。なお、バイクで通学する場合は、申請が必要です。

7)在宅受講時の注意(2022/04/15追記
在宅受講願制度」に適用され、在宅で受講する場合(特にリアルタイムで受講する場合)は、下記の注意事項を確認してください。

在宅受講時の注意

【重要】オンライン科目60単位上限についておよび2022年度オンライン授業科目一覧

大学設置基準第32条第5項により、卒業要件として修得する単位数のうちオンライン授業による修得単位数は60単位を上限とすることが定められていますが、2020年度、2021年度に修得したオンライン授業の単位は、新型コロナウイルス感染症の蔓延下での特例対応として、上記60単位に含めないという措置が講じられ、全てのオンライン授業の単位を卒業要件単位数に含むことができています。

しかし、2022年度以降については当該特例措置が解かれ、大学設置基準の定めのとおりとなるため、オンライン授業の単位を修得した場合には、上記60単位の制限にカウントされることになります。

履修登録に当たっては、オンライン授業の修得単位数に留意するようにしてください。

<要点>

卒業要件単位数としてカウントできるオンライン授業の単位は、60単位を上限とする。
・2020年度、2021年度のオンライン授業の単位は、60単位の制限にカウントしない。
・2019年度以前にあったオンライン授業(e-Learning ※別紙参照)の単位は、60単位の制限にカウントする。

【2022年度授業方法一覧】
<情報学部>
共通教育オンライン科目一覧
情報学部外国語オンライン科目一覧
学部共通オンライン科目一覧
情報システム学科オンライン科目一覧
情報社会学科オンライン科目一覧
メディア表現学科オンライン科目一覧
情報学部教職オンライン科目一覧

<健康栄養学部>
健康栄養学部オンライン科目一覧

【2019年度以前オンライン(e-Learning)科目一覧】
情報学部オンライン科目一覧

<Q&A>
Q:修得したオンライン授業の単位が、通算60単位を超えていた場合は、卒業要件単位数(情報学部:124単位、健康栄養学部:130単位)に含まれないのでしょうか?

A:含みません。卒業要件単位数に含むことができるオンライン授業の単位は、通算で60単位までです。オンライン授業を61単位以上修得している場合、超過分は卒業要件単位数に含まれません。

例:合計124単位修得しているうち、オンライン授業の単位が通算62単位の場合、卒業要件として認められるオンライン授業の単位を2単位分超過していることになるので、卒業要件としての修得単位数は122単位となります。

Q:自身がオンライン科目で修得した単位数を知りたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

A: 2019年度以前のオンライン授業の一覧を掲載していますので、ご自身が修得した授業を確認してください。

 

Q:卒業までに60単位を超えてオンライン授業を履修していけないということでしょうか?

A:履修するのは構いません。ただし、卒業要件としてカウントできる単位は60単位までであり、超過した単位は卒業要件単位数には含むことはできません。


Q:2022年度の授業は、どの授業がオンライン授業ですか?

A:「2022年度授業方法一覧」を確認してください。なお、授業回数(15回)のうち半数(7回以上)でオンライン授業する場合はオンライン科目です。
※「オンライン授業=全授業回がオンライン」ということではありません。


Q:オンライン授業はBibbsで履修登録する際に分かりますか?

A:Bibbsだけでは分かりません。教育支援課HPから「2022年度授業方法一覧」を確認してください。

 

Q:履修したい授業があるので、卒業要件単位数に含まれないことを理解したうえで60単位を超えて履修し、単位修得してもいいでしょうか?

A:構いません。しかし、卒業要件単位数に含まれないことに注意してください。

 

Q:今年度(2022年度)にオンラインで実施する科目は、次年度以降もオンラインで実施されますか?

A:授業の実施方法は年度により異なります。今年度オンライン授業であっても、次年度は対面授業となる場合や、反対に、今年度対面授業であっても、次年度はオンライン授業になる場合があります。

【情報学部】2022年度授業クラス分け

情報学部新1・2年生の、2022年度授業クラス分けは以下の通りです。

 

【新1年生】
情報システム学科
情報社会学科
メディア表現学科

 

【新2年生】
情報システム学科
情報社会学科  総合演習Aクラス分け(4/6公開)
メディア表現学科

 

【新3年生】
情報社会学科

2022年度 湘南校舎集中講義日程

2022年度の集中講義日程は、以下のPDFの通りです。
教室変更など、内容に変更がある場合はPDFを更新しますので、随時確認してください。

 

【春学期】

2022年度春学期 情報学部 集中講義

2022年度春学期 健康栄養学部 集中講義

 

【秋学期】

2022年度秋学期 情報学部 集中講義

2022年度秋学期 健康栄養学部 集中講義

 

2022年度特定有資格による単位認定について(情報学部)

情報学部では、特定の資格を有する学生に対し、指定された科目の履修が免除され、その科目の単位は本学で修得した単位として認定しています。対象となる資格は、「履修のてびき」を参照してください。

単位認定を希望する学生は、提出書類を揃え、下記申請期間内に教育支援課窓口もしくは郵送で提出してください。

自身の入学年度の「履修のてびき」に記載されている、所属学科以外の資格については認定しません。

 

【申請期間】

学期 回数 期間 認定の時期
春学期 第1回 2022 4 1日 ~ 2022 4月8 2022年度 

春学期成績

第2回 2022 711日 ~ 2021 715
秋学期 第3回 2022 9月19日 ~ 2022 922 2022年度 

秋学期成績

第4回 2023 123日 ~ 2023 127

【郵送の場合】

〒253-8550 神奈川県茅ヶ崎市行谷1100
文教大学湘南校舎教育支援課 特定資格担当 宛

各期間の最終日必着
※郵送には簡易書留またはレターパックライトを利用し、必ず追跡番号を控えてください

 

【提出書類】

【注意事項】

  • 履修中または単位修得済みの科目は申請できません。
  • 申請により認定された科目の単位は、履修登録単位数には加算されません。(各学部で設定されている履修登録単位数の上限とは関係なく申請が可能です。)
  • いかなる事情があっても、申請期間に申請書と合格証明書が揃っていない場合は認定できません。
  • 認定の時期と履修登録(抽選登録)の時期に注意してください。科目によっては、前提科目の未修得により、履修登録ができない場合があります。

【情報学部】第二回ゼミナール選考結果およびゼミ未決定者について

2022年度情報学部第二回ゼミナール選考結果は以下の通りとなります。
ーーー
・配属先未定学生について
【情報社会学科】
皆様のこれまでの成績状況などを勘案し、各ゼミの配属人数ができるかぎり均等になるように、学科教員による会議にて配属先を調整します。

 

【メディア表現学科】
ゼミナールエントリー対象者で、
まだゼミナールが決定していない学生は、面談を実施します。
対象者には別途Bibbsでご連絡しますので、教育支援課からの連絡に注意してください。

2022年度文教大学 転部・転科試験要項について

2022年度転部・転科の要項は下記の通りです。

転部・転科試験への出願を希望する学生は、事前に必ず教育支援課の窓口へご相談ください。

■ 2022年度 転部・転科要項

 

※越谷校舎や東京あだち校舎の学部への転部を希望する場合も、相談および申請受付窓口は湘南校舎の教育支援課窓口となります。

新型コロナウイルス感染症ワクチンを接種する学生の授業欠席について

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種または”副反応”により授業や定期試験を欠席する場合、下記のとおり「欠席扱い免除」または「追試験の対象」といたします。
該当者は下記のファイルを確認し、手続きを行ってください。

 

 

20210630新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種に際する配慮について