【情報1年生向け】教職課程履修登録について

情報学部にはそれぞれ教職課程が置かれています。教職課程を希望する方は、以下の諸事項を確認し、期間中に申請をしてください。

 

【教職課程概要】

教職課程オリエンテーション資料を再確認し、教職課程の概要を改めて理解するようにしてください。

教職課程を履修する場合、免許を取得するまでにいくつもの行事(教職課程行事予定表)に参加する必要があります。また、免許取得までに複数回費用徴収が発生します。

 

【課程履修登録】

登録方法:B!bb’sアンケートから「教職課程履修登録」に回答

回答期間:4月30日(土) ~ 5月13日(金)23:59

※「教職概論」を履修中の方は全員回答してください。

※今学期「教職概論」を履修中であることが条件です。

※登録できる免許種は、所属学科により異なります。(教職課程オリエンテーション資料3ページ参照)

 

【課程履修費の納入】

課程履修費:自学科の課程を登録すると20,000円、他学科の課程を登録するとさらに20,000円

(例)メディア表現学科で、「情報」と「数学」の免許を希望する場合は、40,000円。

納入方法:納入用紙を使用し、コンビニ等で納入(教育支援課窓口で納入用紙を配布。)

納入期間:6月中旬予定

 

【注意事項】

・「教職概論」は教職課程履修者向けの科目です。教職課程を希望しないと回答した方及び期限までに回答がなかった方は、7月初旬に「教職概論」の履修削除を行います。

・教職課程を履修する場合、卒業要件よりも大幅に多い単位(160単位程度)を修得しなければなりません。

・秋学期以降の履修では、教職課程履修のてびき(履修のてびき101ページ以降)を見ながら、計画的に必要な科目を履修するようにしてください。

 

不明点のある方は、教育支援課窓口(平日:9:00~16:30/土曜9:00~11:30)にて質問してください。

【情報学部新入生向け】教職課程オリエンテーション

情報学部には教職課程が置かれています。
教職課程を希望する方は、以下のオリエンテーション資料をよく読んで教職の概要を理解し、必要科目の履修登録や手続きをおこなってください。(対面でのオリエンテーションは実施しません)

木曜5限「教職概論」の初回授業に必ず出席してください。

2022年度情報学部1年生 教職オリエンテーション資料

 

【重要】2022年度 介護等体験の「代替措置」について

新型コロナウイルス感染症の感染状況に未だ収束の兆しが見られないため、文部科学省から、2021年度に引き続き2022年度においても「代替措置」の実施によって、本来外部施設で行う介護等体験の体験完了を認める旨の通知が出されました。

この通知を受けて、文教大学では2022年度の特別支援学校及び社会福祉施設での介護等体験を中止し、文部科学省が指定する「代替措置」の実施を決定しました。学生のみなさんには、外部施設で行う体験を予定されている中での決定となりますことをお詫び申し上げます。

なお、「代替措置」の内容については、文部科学省が指定する教材を使用して各自で学習し、指定用紙にてレポート提出を行うものとなります。詳しい学習の内容やレポート提出期日などは、準備ができ次第、別途B!bbsでお知らせいたします。(時期は未定です)

また、介護等体験の代替措置実施に関して費用は、発生いたしません。

2022年度介護等体験について(情報学部2年生)申請期間終了

中学校教員免許取得には介護等体験の参加が必須です。以下の説明を確認し、参加を希望する方は申込をしてください。

この説明は、教職課程行事予定表の10月実施予定の「介護等体験説明会」に代わるものです。対面での説明会は実施しませんので、以下の説明をよく読んでください。

 

介護等体験とは

義務教育課程の教員免許(小学校教諭・中学校教諭)を取得するためには、「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る特例等に関する法律」に基づき、特別支援学校・社会福祉施設に出向き、障害者や高齢者の介護・介助・交流などの「介護等体験」を行う必要があります。本学では3年次に体験を行います。

「介護等体験」は科目ではないため、単位認定は行わず、各受入施設から体験終了の証明を受けることになります。

介護等体験日数

(合計7日間)

特別支援学校 連続2日間(例年、6月~翌1月ごろ)
社会福祉施設 連続5日間(例年、8月~翌3月ごろ)

※高校免許のみ取得予定の方は、任意参加です。卒業後に中学校免許を取得するなど、将来的に義務教育課程の免許を取得する場合でも、介護等体験の証明は有効です。

 

介護等体験申請について

参加を希望する方は、ビブスのアンケート機能「2022年度介護等体験申込(情報学部)」から申請してください。

申請期間終了後の途中放棄は認められません。介護等体験先を調整してくださる教育委員会・社会福祉協議会や受け入れ先の特別支援学校・福祉施設に多大なご迷惑がかかります。

【申請期間】 【申請期間】 1020日(水)~117日(日)<期間厳守>

【申請方法】 B!bb’sの「アンケート回答」のタブから申請(すべての項目について入力すること)

※上記申請期間中であれば、申請内容は何度でも変更可能です。

※B!bb’sは、スマートフォンの動作保証対象外です。パソコンから入力するようにしてください。

 

介護等体験費用について

【費用】 15,000円(今年度中に徴収予定)

費用徴収の詳細については、介護等体験申込をした方に別途連絡します。

 

諸注意・補足

・体験先の決定は、例年、体験参加年の6月下旬~7月上旬です。同じ時期に、体験にあたっての事前指導を行います。

・授業期間、長期休業期間を問わず体験日になり得ます。神奈川県教育委員会および神奈川県社会福祉協議会が全体を調整し日程を組むため、変更の希望には応じられません。これを踏まえて2022年度の予定は慎重に立ててください。

・介護等体験(を修了したことの証明)は、卒業後に小学校教諭免許・中学校他教科免許を取得する際にも有効です。

・特別支援学校の体験は、神奈川県内のいずれかの学校で実施されます。

・社会福祉施設の体験先については、おおむね3月中の住所を元に決定されます(神奈川県内の施設になります)。住所変更が生じた場合、すみやかに所定の手続き及び教職担当者への報告を行ってください。

2020・2021年度(現3・4年生)は新型コロナウィルスの影響により、特別支援学校・社会福祉施設での介護等体験は中止となりました。代わりに、文部科学省が指定する教材を使用して各自が学習し、指定用紙にてレポート提出とする代替措置を行っています。新型コロナウイルスのまん延状況によっては、みなさんも代替措置となる可能性があります。

不明点は教育支援課教職担当にお問い合わせください。