日本学生支援機構奨学金 継続願説明会について

 

下記日程において、2019年度の日本学生支援機構奨学金の継続手続きおよび適格認定に関する説明会を実施します。

奨学金の貸与を受けている学生は、該当する学年の日程に必ず参加してください。

 

※対象者には別途B!bb’sで連絡していますので、確認してください。

※継続を希望しない場合も手続きが必要です。必ず説明会にはご参加ください。

※奨学金は毎年、次年度の貸与継続手続きをしなければなりません。手続きを怠った場合、2019年3月分をもって、奨学金は「廃止」(貸与終了)となります。

 

【日程】*いずれの回も30分程度を予定

1年生:12月14日(金)12:40~ 6401教室

2年生:12月17日(月)12:40~ 6401教室

3年生以上:12月18日(火)12:40~ 6401教室

 

【持物】
学生証、筆記用具

 

 

 

足立区奨学金返済支援助成募集案内

足立区から、奨学金返済支援助成の募集案内がきております。

興味のある方は、教育支援課窓口で詳細な資料をお渡しします。

 

<応募資格>

・申請時において足立区に引き続き6か月以上居住しいていること

・日本学生支援機構第一種奨学金を貸与されることが決定している、または貸与中であること

・日本学生支援機構の給付奨学金を受けていないこと

※その他諸条件あり。

 

<助成額>

日本学生支援機構第一種奨学金の貸与総額の半額(上限100万円)

 

<助成条件>

・正規の修業年限で卒業すること

・卒業後10年以内に2年度分以上、足立区に住民税を納付すること

 

<応募方法>

申請書類を足立区役所南館5階 学務課窓口へ直接持参

【申請締切】平成30年12月6日(木)17時まで

 

 

 

日本学生支援機構奨学金 返還説明会について(2019年3月満期貸与終了者対象)

2019年3月で日本学生支援機構奨学金が満期貸与終了となる学生を対象に、返還説明会を実施します(対象者には、B!bb’sで連絡をしています)。

返還準備のための手続内容や返還制度の説明、手続資料の配付を行います。
必ず最後まで説明会に参加してください。

 

日時:2018年11月8日(木)18:30~ ※1時間程度を予定、途中退室不可。

会場:1101教室

持ち物:学生証、筆記用具

※当日説明する手続きが正常になされなかった場合は、奨学金が延滞状態となり、延滞金が発生し、個人信用情報機関に登録がなされる場合がありますのでご注意ください。

2018秋学期・文教大学緊急特別奨学金の出願受付について

『文教大学緊急特別奨学金』とは、家計が急変し、修学の意思があるにも関わらず、学業を継続することが困難な学生に対し、在学中に一度のみ奨学金を支給する制度です。

 

※家計急変後6か月以内に出願した学生が対象です(その他条件有)
※出願者全員が必ず採用されるわけではありません。

 

下記期間において、出願受付を行います。

詳細は、教育支援課窓口へお問い合わせください。

 

出願書類受付期間:10月1日~1月17日まで

 

日本学生支援機構第二種奨学金【臨時採用】の募集について

日本学生支援機構が、昨今の経済事情等を考慮し、第二種奨学金【臨時採用】の募集を行います(第一種奨学金の募集は行いません)。

出願を希望する学生は、下記期間内に必ず教育支援課窓口にて出願書類を受け取ってください(電話・メールでのお問い合わせは受け付けておりません)。

 

受付期間:9月26日(水)9:10 ~ 10月10日(水)16:40

 

※留学生および現在第二種奨学金の貸与を受けている学生は、対象外です。

※学力基準があります。

※出願した学生全員が採用となるわけではありません。

 

日本学生支援機構奨学金の概要等につきましては、下記HPをご覧ください。

日本学生支援機構 奨学金を希望する方へ

【終了しました】2018春学期・文教大学緊急特別奨学金の出願受付について

『文教大学緊急特別奨学金』とは、家計が急変し、修学の意思があるにも関わらず、学業を継続することが困難な学生に対し、在学中に一度のみ奨学金を支給する制度です。

※家計急変後6か月以内に出願した学生が対象です(その他条件有)
※出願者全員が必ず採用されるわけではありません。

下記期間において、出願受付を行います。詳細は、教育支援課窓口へお問い合わせください。

出願期間:7月2日 ~ 8月24日16:40まで