jugyoフォルダのアクセス権変更方法

 

このページではjugyoフォルダのアクセス権を変更する方法について説明します。

  • jugyo内提出用フォルダの設定方法
    • 他の学生が見られる方法
    • 他の学生が見られない方法
  • アクセス許可に設定可能なグループの種類

jugyo内の提出用フォルダ

課題レポートなどの提出場所としてjugyoフォルダを利用することができます。
学生はjugyoフォルダ内に書き込みできませんので、設定を変更する必要があります。

  • 学生は、自分が作成したファイルを提出用フォルダに保存することができます。
  • 学生は、教員・他の学生のファイルを変更・削除することができません。
  • 教員は、学生・他の学生のファイルを削除することはできますが、ファイルに変更を加えることはできません。
  • 学生が、他の学生のファイルを見られるかどうかを選べます。

学外からも課題を提出させたい場合は、B!bbsかmanabaをご利用下さい。

映像作品課題など、manabaでは提出できない大きなサイズの課題提出には
オンライン提出用フォルダ をご利用下さい。

他の学生が見られる方法

  • この設定は設定自動化プログラムを使って設定して下さい。
    設定自動化プログラムについては>こちらのページを参照して下さい。
  • 手動で行う場合は>こちらのページの手順に従って下さい。

他の学生が見られない方法

  • この設定は設定自動化プログラムを使って設定して下さい。
    設定自動化プログラムについては>こちらのページを参照して下さい。
  • 手動で行う場合は>こちらのページの手順に従って下さい。

提出用フォルダでファイルの提出を締め切る手順

提出期限を過ぎた後、提出用フォルダに学生が書込・編集・削除をできなくする手順は>こちらのページを参照して下さい。

 

アクセス許可に設定可能なグループの種類

アクセス許可の変更時に利用可能な、グループ名とユーザー範囲は以下の通りです。

public_kengen

番号 表示名 対象ユーザ
Everyone 全てのユーザが含まれるグループ
BunStudents 全ての学生が含まれるグループ
BunTeachers 全ての教職員(非常勤を含む)が含まれるグループ
ssennin 専任教員のみ含まれるグループ
個別のユーザ名 ユーザ個人

※ ⑤個別ユーザ名の後の「@bunkyo.ac.jp」は自動的に入ります。

 Posted by at 10:00 AM