SSLVPNと Pulse Secure(パルスセキュア)の利用方法

 

SSLVPNアカウントを取得すると、自宅から学内ネットワークサービスを利用できます。
卒業論文作成、就職活動に便利ですので、是非ご利用下さい。

このページではSSLVPNの概要や、Pulse Secure(パルスセキュア)の利用方法について説明します。

SSLVPNでできること

SSLVPNのアカウントを取得すると、以下のサービスを自宅PCから利用する事ができます。

  • マイドキュメント、授業フォルダの利用
    • USBメモリを持ち歩かなくて済むようになります。
  • 図書館データベースの利用
    • 論文検索、企業研究が自宅からできるようになります。
  • 学内限定Webサイトの利用
    • HTMLフォルダで作ったWebサイトが見られるようになります。

SSLVPN接続条件

  • 最新の定義ファイルを利用したセキュリティ対策ソフトが入っていること
  • OS・ソフトウェアのアップデート、自動更新をしていること

ご不明点がありましたら、情報システム室までお問い合わせください。

SSLVPNの利用方法

SSLVPNへのログイン

  1. 「https://sslvpn.bunkyo.ac.jp/」をブラウザで開きます。
  2. ユーザーID(学籍番号)とB!bbsにログインするためのパスワードでログインします。

ログイン後、図書館のWebページや、マイドキュメントが利用できます。

 

 

SSLVPN Pulse Secure(パルスセキュア)にできること

SSLVPNの「Pulse Secure(パルス セキュア)」を利用すると、自宅PCを仮想的に学内PCとして動作させることができます。

学内PCからのみアクセス可能な図書館データベースサービスが利用出来たり、マイドキュメントに自宅からドラック&ドロップでファイルを保存できるようになります。

SSLVPN Pulse Secureが利用できるユーザ

manabaで【申請用】SSL-VPNセキュリティ講習を受講し、テストに合格後、申請してください。
申請後、数日で利用できるようになります。

 

SSLVPN Pulse Secure(パルスセキュア)の利用方法

Pulse Secureからマイドキュメントへの接続や図書館データベースサービスの利用方法を説明します。

  1. Pulse Secureのインストール
    1. SSLVPNへのログイン
    2. Pulse Secureのインストール
  2. Pulse Secureの利用方法
    1. 学内ネットへの接続
    2. マイドキュメントへの接続
    3. 図書館データベースサービスの利用
    4. 学内ネットからの切断

 

SSLVPN Pulse Secureのインストール【初回のみ】

SSLVPNへのログイン

  1. 「https://sslvpn.bunkyo.ac.jp/」をブラウザで開きます。
  2. ユーザーID(学籍番号)とB!bbsにログインするためのパスワードでログインします。

Pulse Secureのインストール

  1. SSL-VPNにサインインし、[開始]をクリックします。

  2. Pulse Secure(アプリケーションランチャー)の検索が始まりますが、まだインストールされていませんので、「ダウンロード」をクリックします。

  3. 画面の指示に従い、必要なソフトをインストールします。


  4. 以上で、Pulse Secureのインストールが終了しました。
    これ以降、自宅PCにログインした際に、Pulse Secureが未接続状態で自動起動します。

 

SSLVPN Pulse Secureの接続方法

学内ネットへの接続

  1. Pulse SecureはPCへのログイン時に自動起動し、タスクバーの中に常駐しています。
    (ブラウザからSSLVPNにログインする必要はありません)

  2. Pulse Secureのアイコンをダブルクリックし、ランチャーを起動します。
    ランチャーの「接続」をクリックします。

  3. 「SSLVPN-USERS」を選択し、「接続」をクリックします。

  4. 学籍番号(ユーザー名)とパスワードを入力し、「接続」をクリックします。

  5. 以上で、自宅PCが学内PCとして動作するようになりました。
    Pulse Secureで接続中は、タスクバー内のPulse Secureのアイコンに「緑色の矢印」が表示されます。

 

SSLVPN Pulse Secureを利用したマイドキュメントや授業フォルダの利用方法

接続後にマイドキュメントへアクセスする時はエクスプローラーで以下の通りご入力ください。
「¥¥file-k¥st¥ユーザーID¥windows」(越谷学生)
「¥¥file-k¥te¥ユーザーID¥windows」(越谷教員)
「¥¥file-s¥st¥ユーザーID¥windows」(湘南学生)
「¥¥file-s¥te¥ユーザーID¥windows」(湘南教員)
「¥¥file-t¥st¥ユーザーID¥windows」(東京あだち学生)
「¥¥file-t¥te¥ユーザーID¥windows」(東京あだち教員)

授業フォルダへアクセスする時はエクスプローラーで以下の通りご入力ください。
「¥¥filesv.bunkyo.ac.jp¥jugyo」

ユーザID、パスワードが求められますので、ユーザーIDは「bunkyo¥ユーザID」としてください。

※記載の¥マークはすべて半角で入力して下さい。

図書館データベースの利用

  1. Pulse Secureに接続した状態で、新しくブラウザを起動してください。
    (Pulse Secure起動前から開いているブラウザは学内PC扱いになっていません)

  2. 図書館のホームページを開き、各データベースにアクセスして下さい。URL:https://www.bunkyo.ac.jp/library/

  3. 学内PCと同じ手順で、図書館データベースが利用できます。
    図書館データベースの利用方法については、図書館Webサイトの説明を参照して下さい。

SSLVPN Pulse Secureの切断方法

利用できる人数に制限があるため、ご利用後は速やかに切断してください。 

学内ネットからの切断

  1. タスクバー内のPulse Secureのアイコンをダブルクリックします。

  2. 「切断」をクリックします。

  3. 以上で、学内ネットからの切断が完了し、学内PC扱いが解除されます。
 Posted by at 3:01 PM