3月 212012
 

2012/3/21(水)にCoursePowerの機能追加が行われました。
新しくご利用いただける機能(動作が改善された機能)は以下の通りです。

[新機能・機能改善]
 1.スマートフォンへの対応
 2.レポート未提出者に対するメッセージ送信機能の追加
 3.ディスカッション、掲示板の一覧表示機能の追加
 4.担当教員以外からの教材流用機能の追加
 5.授業枠管理機能の追加
 6.テスト選択肢の記号の追加
 7.授業枠の移動機能の改善
 8.テスト教材)テスト問題の正解パターン登録の改善
 9.資料教材)登録方法の改善
 10.レポート一括ダウンロード時のファイル名の見直し
 11.講義流用機能の改善

[新機能・機能改善]
 1.スマートフォンへの対応
   ▼ 内容
    役割) 教員・受講者
    機能) –
    内容) CoursePowerの一部機能をスマートフォン用に最適化された画面で利用する事が
                  可能となりました。
        [利用可能な主な機能]
         ・教員
           > 教材基本情報の参照と更新
            (資料教材、アンケート教材、学習教材、ディスカッションテスト、
                              オフライン教材)
           > 出席情報の確認と受講者からの出席の受付可否の設定
         ・受講者
           > 教材の実施
            (資料教材、アンケート教材、学習教材、ディスカッションテスト、
                              オフライン教材)
           > 出席の申請
 
 2.レポート未提出者に対するメッセージ送信機能の追加
   ▼ 内容
    役割) 教員・受講者
    機能) レポート教材
    内容) レポートが未提出の受講者に対して、レポート未提出通知のお知らせを
                   自動送信する設定が可能となりました。
 
 3.ディスカッション、掲示板の一覧表示機能の追加
   ▼ 内容
    役割) 教員・受講者
    機能) ディスカッション教材・掲示板
    内容) ディスカッション教材と掲示板の表示形式に
                   Twitter風の表示(発言を一覧形式で表示する)が追加となりました。
 
 4.担当教員以外からの教材流用機能の追加
   ▼ 内容
    役割) 教員
    機能) 教材登録・編集
    内容) 自分が担当教員として登録されていない講義からの教材の流用を
                 行う事が可能となりました。
       ※ 他教員に流用可能の設定で教材を登録している時のみ流用が可能です。
         → 他教員による流用の可否の設定は、担当教員の方が設定できます。
 
 5.授業枠管理機能の追加
   ▼ 内容
    役割) 教員
    機能) 講義編集
    内容) 講義の授業枠を一括で作成・編集・削除する機能(画面)が追加され、
                  講義内の授業枠の管理をスムーズに行う事ができます。
                  また、授業枠をCSV形式のファイルで一括ダウンロード、
                  アップロードする事も可能です。
 
 6.テスト選択肢の記号の追加
   ▼ 内容
    役割) 教員
    機能) テスト教材
    内容) テスト教材の"選択肢の番号表記"に新しく『選択肢の表記記号なし』の
                  選択肢が追加となりました。
 
 7.授業枠の移動機能の改善
   ▼ 内容
    役割) 教員
    機能) 講義編集
    内容) 講義に登録されている授業枠の移動をリストメニューで行える様にし、一回の操作で
                  授業枠の移動が行える様になりました。
 
 8.テスト教材)テスト問題の正解パターン登録の改善
   ▼ 内容
    役割) 教員
    機能) テスト教材
    内容) テスト教材作成時におけるテキスト入力の正解パターンを英語の大文字・小文字、
                  空白の有無の違いを無視して正解とする事が可能となり、正解パターンの
                  入力の手間を減らすことが可能となりました。
 
 9.資料教材)登録方法の改善
   ▼ 内容
    役割) 教員
    機能) 資料教材
    内容) 資料教材登録時に必須項目であった、「資料名」の項目が必須項目でなくなり、
                  資料教材の登録がより容易に行える様になりました。
       (資料名が空白で登録された場合、登録される"ファイル名"(リンクURL) 
                  が資料名として設定されます)
 
 10.レポート一括ダウンロード時のファイル名の見直し
   ▼ 内容
    役割) 教員
    機能) レポート教材
    内容) 受講者から提出のあったレポートを一括ダウンロードする際の
                  ダウンロードされたファイルの命名ルールを見直し、
                  受講者からアップロードされたファイル名が分かりやすくなりました。
 
 11.講義流用機能の改善
   ▼ 内容
    役割) 教員
    機能) 流用対象選択
    内容) 講義流用を行う際に流用対象となる項目をすべて選択する(選択を解除する)機能と
                  流用元の日時情報も合わせて流用する機能の追加となりました。
       (授業の公開日時、教材の公開日時、出席の受付日時)
 
 
以上
 
 Posted by at 6:20 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.