2月 272012
 

マイドキュメントとHTML Homeは、学内のPCであればどこからでも使える個人用ファイル置き場です。 教室PCのデータは再起動時に消去されますので、自分で作成したデータはマイドキュメント・HTML Homeに保存して下さい。
マイドキュメントとHTML Homeに保存できるファイルの容量は、合わせて5GBです。 現在のファイルの容量は各種使用量確認ページで確認できます。
このページでは、マイドキュメントとHTML Homeの利用方法について説明します。

マイドキュメント・HTML Homeの概要

マイドキュメントとHTML Homeは、「akakura」というサーバ上で動いています。 akakura上のマイドキュメントとHTML Homeは、学内のPCであれば研究室PCを含め、どこからでも利用可能です。
教室PCのデータは再起動時に消去されますので、必要なデータはマイドキュメント・HTML Homeに保存して下さい。

  • akakura上のマイドキュメントとHTML Homeは学外からアクセスすることができません。 (SSLVPNの利用登録をすると、学外からもアクセス可能になります。)
  • 自宅などでも利用したいファイルはUSBメモリ等のリムーバブルメディアで移動させて下さい。 ただし、USBメモリはそれ自体が壊れる事がありますので、データの移動手段としてのみ利用する事をお奨めします。
  • マイドキュメント、HTML Homeにはゴミ箱がありません。 手動で削除したデータはゴミ箱から戻せませんので注意して下さい。
  • 学内Webサーバ、アプリケーションサーバとデータ連係しています。

マイドキュメントの用途

マイドキュメントは、個人のファイルを保存する時に利用します。 他人から見られる事はありません。 教室PCでは以下の設定がされています。

  • 各ソフトの標準のファイル保存先に設定。
  • ネットワークドライブ「Y:」としても利用可能。

HTML Homeの用途

HTML Homeは、ホームページを作成する時に利用します。 HTML Homeに保存したファイルは、学内Webサーバで公開されます。
ホームページのURLは「http://www.shonan.bunkyo.ac.jp/~ユーザID」です。 (「~」はチルダと読み、Shiftを押しながら「へ」を押すと入力できます。)

マイドキュメント、HTML Homeを利用方法

教室PCからの利用方法

  1. デスクトップの左側にあるアイコンから、それぞれのアイコンをダブルクリックして開いて下さい。

研究室PCなどからの利用

学内のネットワークに繋がったパソコン(コンピュータ教室や研究室等のパソコン)から個人領域を利用する場合は、この方法を用います。
この方法をとるには、研究室PCの設定変更が必要になる場合があります。 詳しくは、>こちらを参照してください。
講師室や研究室などの共有PCから利用する場合は、ログイン情報を残さないよう注意して下さい。詳しくは、>こちらを参照してください。

  1. ■windows7
    ①スタートメニューをクリックし、②の「プログラムとファイルの検索」を開き、テキストボックスに「\\akakura」と入力して[Enter]キーを押します。
    ■windows8.1
    カーソルを画面の右上隅もしくは右下隅に合わせると、チャームバーが表示されます。
    [検索]をクリックします。
    チャーム
    「\\akakura」と入力して検索します。
    検索
  2. 認証画面が表示されますので、ユーザー名・パスワードを入力します。
    ユーザー名:「shonan-ad¥ユーザーID」
    パスワード:「Gmailのパスワード」
    認証
  3. フォルダが2つ表示されますので、利用したい方を開いて下さい。
    ・マイドキュメント:「ユーザーID」のフォルダ
    ・HTML Home:「html」のフォルダ
    akakura

アプリケーションサーバからの利用

マイドキュメント、HTML Homeはアプリケーションサーバからも以下のパスで利用できます。 アプリケーションサーバについては>こちらのページを参照して下さい。

  • マイドキュメント: /home/students/USERID/windows/ (教職員は /home/teachers/USERID/windows/)
  • HTML Home: /home/students/USERID/html/ (教職員は /home/teachers/USERID/html/)
 Posted by at 3:46 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.