2月 272017
 

湘南キャンパスでは、様々な授業支援のツールを用意しています。
このページでは、先生方が授業準備をする観点から、システムの紹介をします。

PC教室の設備・ソフト

教卓機器

PC教室の教卓PCは、3つのモニタを接続しています。
1画面で授業資料を提示し、1画面で授業進行に必要な作業ができます。
もう1画面は中間モニタの表示を確認する事ができます。

教卓PCではCD,DVDの再生が可能ですが、ブルーレイディスク、CPRM形式のDVD(地デジ録画DVD等)は再生できません。
詳しくは>こちらのページを参照して下さい。

PC教室の教卓には、以下の設備が整備されています。

  • プロジェクタ
  • 中間モニタ
    • 学生PC側に設置されたモニタです。先生PC、書画カメラ、持込PCの映像を表示させることができます。
  • ワイヤレスマイク(ピンマイク・ハンドマイク)
  • 書画カメラ
    • 紙資料をプロジェクタ・中間モニタに表示させることができます。
  • 持込ノートPC用ドック(有線LAN、プロジェクタ用VGA端子、ビデオ入力端子、電源)
    • 持込ノートPCから映像・音声を入力し、プロジェクタ・中間モニタに表示させることができます。
    • MacノートPCでプロジェクタを利用するには、VGA変換コネクタが必要になる場合があります。
持込ノートPC用ドック 映像切替機
教卓PC・持込PC・書画カメラ
→プロジェクタ・センターモニタ

プリンタ、スキャナなど、その他のPC教室設備については>こちらのページで検索して下さい。

授業支援ソフト「CalaboLX」(キャラボエルエックス)

PC教室には授業支援ソフト「CalaboLX」がインストールされています。(一部教室除く)CalaboLXの主な機能は以下の通りです。

  • 出欠管理
  • キーボード、マウス操作禁止
  • 学生画面の巡回
  • 学生発表を他学生全員に見せる

CALL授業支援ソフト「CalaboEX」(キャラボイーエックス)

CALL教室(6206, 6207, 6226, 6227)には、CALL授業支援ソフト「CalaboEX」がインストールされています。CalaboEXの主な機能は以下の通りです。

  • 出欠管理
  • キーボード、マウス操作禁止
  • 学生画面の巡回
  • シャドーイング機能
  • 会話機能

PC教室のソフトウェア

PC教室にインストールされているソフトウェアは教室毎に異なります。
PC教室毎のソフトウェア一覧は>こちらのページを参照して下さい。

一般教室・その他の教室の設備

一般教室

  • 全ての教室に情報コンセントが設置されており、有線LANの利用が可能です。
  • 大半の教室にプロジェクタが設置されています。
    • MacノートPCでプロジェクタを利用するには、VGA変換コネクタが必要になる場合があります。
    • 地デジ録画したDVD、Blu-rayが再生可能な教室は限られています。
      詳しくは>こちらのページを参照して下さい。
  • LANケーブル、VGAケーブルは基本的に教室に備付けられています。
  • 大きな教室ではワイヤレスマイクが利用可能です。学部事務室で管理しています。

教室によっては設備の利用に鍵が必要になります。
鍵、マイクの管理については各学部事務室にお問い合わせ下さい。

  • 1,2号館 健康栄養学部事務室(1号館3階)
  • 3,4,5号館 情報学部事務室(3号館2階)
  • 6号館 国際学部事務室(6号館2階)

一般教室の設備については、施設課にお問い合わせ下さい。

プレゼンテーションルーム

7号館(メディア棟)3階に、プレゼンテーションルーム(7301教室)が設置されています。
ゼミの発表などにご利用下さい。

授業での利用時は、教育支援課にご連絡下さい。

会議室

会議利用向けの、ノートPCが設置された教室です。授業利用も可能です。
7402教室と3211教室の2箇所に設置されています。

ネットワークを利用してプロジェクタにPCの映像を投影する「wivia」が利用できます。
wiviaについては>こちらのページを参照して下さい。

会議や授業での利用時は、教育支援課にご連絡下さい。

図書館ラーニングスクエア

図書館1階に、ラーニングスクエアが設置されています。
図書館ラーニングスクエアについては>こちらのページを参照して下さい。

図書館ラーニングスクエアの利用については、図書館にお問い合わせ下さい。

大判プリンタ室

7号館(メディア棟)3階に、大判プリンタ室(7311)が設置されています。
大きなサイズのポスター印刷、垂れ幕・横断幕の印刷が可能です。

大判プリンタの利用方法については>こちらのページを参照して下さい。
事前にオンライン予約し、ご利用下さい。

DTM室 (DeskTop Music室)

7号館(メディア棟)3階に、コンピュータ音楽作成室(7308、7309)が設置されています。
ある程度防音できますので、録音などに適しています。

情報システム室で事前に予約し、ご利用下さい。

課題提示・レポート提出・情報共有の方法

湘南キャンパスでは、簡易に授業資料の提示やレポート提出をデータでやり取りするために、共有ファイルサーバとGoogleAppsを用意しています。

GoogleAppsを利用する

GoogleAppsの各サービスを活用して、授業運営する事ができます。
GoogleAppsの情報へアクセスできるのは@shonan.bunkyo.ac.jpを持つアカウントに限られます。

ファイルサーバPublicを利用する

共有ファイルサーバ「Public」にあるjugyoフォルダは、授業用資料の配布・レポート提出場所としての指定が可能です。

LMS・オンラインの授業支援システム

湘南キャンパスには、オンラインで利用可能な教育支援システムが導入されています。
機能的に重複する部分もありますが、用途に合わせてご利用下さい。

B!bb’s

学籍データに直結した授業支援システムです。出欠管理、レポート課題提示が可能です。
利用に手続きは不要です。

詳細は教育支援課にお問い合わせ下さい。

CoursePower

eラーニング、オンライン講義のシステムです。B!bb’sの機能に加えて、テスト出題、eラーニング教材(SCORM形式)提示、学習状況確認、ディスカッション、成績重み付け計算などが利用可能です。
利用には情報システム室へ申請が必要です。

詳細については>こちらのページを参照して下さい。

機能比較と用途別選択のアイディア

B!bbsとCoursePowerのできる事できない事を抜粋して掲示します。
詳細な機能比較については>こちらのページを参照して下さい。

  • レポート管理ができれば十分であれば、B!bbs
    • テスト、eラーニング教材を活用するなら、CoursePower
  • 手続き無しで手軽に利用したいなら、B!bbs
  • 履修者同士で学習を進めさせ その過程を見るなら、CoursePower
機能 B!bbs CoursePower
利用申請   不要 必要 情報システム室に学期ごとに申請
履修者データ 投入の早さ ◎履修データ直結 △確定から1週間後に登録
  投入前の利用 ×データ確定まで利用不可 ○仮登録で授業開始可能
  データ修正の連動 ◎履修データ直結 ×変更データは反映されない
ダミーデータ   × ○ダミー講義、受講者ビュー機能
出欠管理   ◎ケータイ、スマホから登録可能
資料提示   ○※1
レポート提出 出題
  履歴・再提出
  評価
  提出可能サイズ ○10MBまで ○10MBまで
メール連絡   × ○※2
TA設定   ×
eラーニング 自作教材 ×
  テスト ×
  ディスカッション ×
グループ学習   ×
総合成績 自動計算 ×
  データ登録 ◎履修データ直結 △csv出力してB!bbsに投入

※1 B!bbsには資料提示機能は無いと表記しておりましたが、誤りでしたので訂正しました。2012.04.16
※2 CoursePowerのメール連絡は「翌朝8時に送信される」と表記しておりましたが、先生からの連絡メールは即時送信されます。2012.04.16

 Posted by at 9:46 AM

Sorry, the comment form is closed at this time.