12月 122011
 

Google グループ・マイグループとは、メーリングリスト機能を含む情報共有ツールです。
Googleカレンダー・Googleドライブ(ドキュメント)・Googleサイト機能と組み合わせ、グループ内での連絡・ファイル共有・予定共有が可能です。

このページではGoogleグループとGoogleマイグループの利用方法、使い分け方について説明します。

主な用途

Googleグループ・マイグループは以下の様な場面で活躍します。

情報共有ツールとして(メーリングリスト機能)

  • 複数人でメールのやり取りをする時に適しています。
  • メールの履歴はWeb画面上で確認できます。

GoogleAppsのアクセス権単位として

  • 他のGoogleApps機能(カレンダー・サイト・ドライブ内のドキュメント)の公開範囲を限定する時に適しています。
  • 他のGoogleApps機能は、誰とどこまで共有するか公開範囲を設定できます。
    公開範囲を設定する際に、個人指定だけでなくGoogleグループ単位で指定することができます。

イベント・組織代表メールアドレスとして

  • メールアドレスをイベント・部署・組織・委員会など団体として利用したい時に適しています。
  • グループのメンバーにグループを入れることが可能です。組織を階層的に管理できます。
  • 代表メールアドレス(グループ)を公開し、担当者のメールアドレス(グループのメンバー)として登録します。
    異動など担当者が代わった時には、グループのメンバーを入れ替えるだけで済みます。

Googleグループとマイグループの違い

GoogleマイグループはGoogleグループと同じ機能を持っていますが、登録できるメールアドレスが@shonan.bunkyo.ac.jpに限られます。
その代わり情報システム室への申請が不要で、どなたでも作成することができます。

  Googleグループ Googleマイグループ
グループ名 申請者が決定した名前 開設者が決定した名前 +"mygroup"
グループ作成の
手続き
情報システム室に申請。
教職員のみ申請可能。
個人で作成可能
登録可能な
メールアドレス
学外のメールアドレスでも登録可能 キャンパスのメールアドレス(@shonan.bunkyo.ac.jp)のみ登録可
利用例 学外との情報共有
イベント・組織用メールアドレス
卒業生を含むゼミの情報共有
学内での情報共有
授業、グループ学習での利用
現役生だけのゼミの情報共有

Googleグループ・マイグループの利用手順

Googleグループ、マイグループに関する手順は以下のページをご覧ください。
操作手順はGoogleグループもマイグループも同じです。以下のページでは「Googleグループ」とまとめて表記します。

 

 Posted by at 10:19 AM

Sorry, the comment form is closed at this time.