9月 022011
 

作成したファイルは、保存の操作を行うことによって後で利用できるようになります。ファイルの保存方法は2つあります。

1つ目は、「名前をつけて保存」する方法です。編集中の文書や画像に名前を付けて、新しいファイルとしてPCに保存します。既存のファイルを編集した時に、この方法で保存したファイルは、元のファイルを残したまま新しいファイルとして保存されます。

2つ目は、「上書き保存」する方法です。現在付けられているファイル名は変更せずに、内容のみを保存します。文書や画像などを編集した後に、変更内容を保存するために行います。
「上書き保存」は、簡単にファイルの保存を行うことができますが、既存のファイルの内容を新しい内容に上書きしてしまうので、大事なデータに上書き保存する場合は、細心の注意を払ってください。

名前をつけて保存する方法

例として、Word2010 のファイルを保存する方法を説明します。

  1. 保存したいファイルの、上部メニューから「ファイル」をクリックします。
     

     
  2. 「名前を付けて保存」をクリックします。
     

     
  3. 保存先を、ウィンドウ左側のリストから選択します。
     

     
  4. 保存するファイルに付ける名前を入力します。
     

     
  5. 「保存」ボタンをクリックします。
     

     

上書き保存をする

 

  1. 保存したいファイルの、上部メニューから「ファイル」をクリックします。
     

     
  2. 「上書き保存」をクリックします。

     
 Posted by at 4:16 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.