8月 302011
 

概要

USBメモリとは、USBポートに接続して使用する、持ち歩き可能な記憶媒体です。
現在のUSBメモリは容量も大きく、転送速度も早いので外付けHDDのように利用できます。

USBメモリの利用方法 (教室PCにUSBメモリを認識させる方法)

  1. キャップ等がついている場合は、使用前に取り外してください。
  2. USBメモリをPC本体の前面にあるUSB差込口に差し込みます。
    メモリとUSBの差込口がかみ合うように注意して差し込んでください。
  3. [マイコンピュータ]を開き、[リムーバブルディスク(F:)]が追加されていることを確認してください。
    表示まで時間がかかる場合がありますのでご注意ください。
    ※[リムーバブルディスク(F:)]の表示は、挿入されたUSBメモリの名前が表示されます。

USBメモリの終了方法 (教室PCから、USBメモリを取り外す方法)

  1. USBメモリに関連する全てのウィンドウを終了してください。
  2. デスクトップ画面右下にあるタスクバーから、下図のアイコンをクリックしてください。
    ※アイコンが見つからない場合は、タスクバーの『△』をクリックするとアイコンが表示されます。
  3. リムーバブルディスク(F:) の取り出し」をクリックしてください。
    ※[リムーバブルディスク(F:)]の表示は、挿入されたUSBメモリの名前が表示されます。
  4. 「ハードウェアの取り外し」という吹き出しが表示されたら、USBメモリを取り外しが可能です。
    エラーが表示される場合は、もう一度、USBメモリに関連するプログラムやウィンドウが起動していないかを確認して、最初から取り外しの手順を行ってください。
 Posted by at 2:41 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.