12月 012011
 

※このページで案内しているのは、コンピュータで読み込むデータファイルの書き込み方法です。
DVDプレイヤー等で映像再生可能な「DVD-Video」形式のDVDを書き込む場合は、MM機やMacにインストールされている、Adobe Encore等をご利用ください。

CDやDVDにデータを書き込む方法
Windows 8.1では、「ライブファイルシステム」と「マスターディスク」の2つの形式で、ディスクにデータを書き込むことができます。

•ライブファイルシステム
フロッピーディスクやUSBフラッシュメモリのように、データを気軽に追加したり削除したりできる形式です。 この形式で書き込まれたデータは、Windows XPより古いOSなどの他の機器では読み取りできないことがあります。 Microsoft Office Excelや、Microsoft Office Wordなど、頻繁に更新するようなファイルを書き込む場合は、ライブファイルシステム形式が適しています。

•マスターディスク
書き込んだデータを、別のPCやCDプレーヤー、DVDプレーヤーなどの他の機器でも読み取れる形式です。 すべてのファイルを一度に書き込む必要があり、書き込み後に個々のファイルを削除することはできません。 ライブファイルシステム形式よりも速く書き込むことができるので、ファイルの数が多かったり、データの容量が大きかったりする場合は、マスター形式が適しています。 どちらかの形式で書き込まれたディスクに、もう一方の形式でデータを追記することはできません。 ご希望にあった形式の手順をご覧ください。 1.  「ライブファイルシステム」形式で書き込む 2.  「マスターディスク」形式で書き込む

1「ライブファイルシステム」形式で書き込む

  1. 空のディスクをセットします。
  2. 画面右上に「タップして、空のCDに対して行う操作を選んでください。」というディスクを認識したメッセージが表示されるので、メッセージをクリックします。
    2015 DVD 1
  3. 操作確認のメッセージが表示されるので「ファイルをディスクに書き込む」をクリックします。
    2015 DVD 2
    ※2,3の手順が表示されない場合は、「エクスプローラー」から「コンピューター」ドライブをダブルクリックして起動してください。
  4. 「ディスクの書き込み」が表示されます。 「ディスクのタイトル」欄に、このディスクに付ける名前を任意で入力します。 「USBフラッシュドライブと同じように使用する」にチェックを入れます。 「次へ」をクリックします。
     2015 DVD 3
  5. ライブファイルシステム形式でディスクのフォーマットが行われます。「フォーマット中」と表示されたら、そのまましばらく待ちます。
    2015 DVD 4
    ※ディスクのフォーマットが済んでいる場合、この画面は表示されません。
  6. ドライブが表示されます。 エクスプローラーを新しいウィンドウで開き、ディスクに書き込むファイルを表示します。 ※エクスプローラーから新しいファイルを開くには「Windows」キーを押しながら、「X」キーを押し、表示された一覧から「エクスプローラー」をクリックします。
  7. 書き込むファイルをクリックし、ドライブへドラッグします。
    2015 DVD 6 
    ※複数選択する場合は「Ctrl」キーを押しながらファイルをクリックします。 ※連続しているファイルは最初のファイルをクリックし、「Shift]キーを押しながら最後のファイルをクリックします。
  8. 書込みを開始します。100%完了になるまで待ちます。
    2015 DVD 5
  9. ウィンドウが消えたら書き込みが完了します。 ※データを追加する場合は、再度ファイルをドラッグすれば追加できます。
  10. 以上で操作完了です。ディスクにデータが書き込まれていることを確認して下さい。

  2「マスターディスク」形式で書き込む

  1. 空のディスクをセットします。
  2. 画面右上に「タップして、空のCDに対して行う操作を選んでください。」というディスクを認識したメッセージが表示されるので、メッセージをクリックします。
    2015 DVD 1

  3. 操作確認のメッセージが表示されるので「ファイルをディスクに書き込む」をクリックします。
    2015 DVD 2
    ※2,3の手順が表示されない場合は、「エクスプローラー」から「コンピューター」ドライブをダブルクリックして起動してください。
  4. 「ディスクの書き込み」が表示されます。 「ディスクのタイトル」欄に、このディスクに付ける名前を任意で入力します。 「CD/DVDプレイヤーで使用する」にチェックを入れます。 「次へ」をクリックします。
    2015 DVD 13
  5. ドライブが表示されます。 エクスプローラーを新しいウィンドウで開き、ディスクに書き込むファイルを表示します。 ※エクスプローラーから新しいファイルを開くには「Windows」キーを押しながら、「X」キーを押し、表示された一覧から「エクスプローラー」をクリックします。
  6. 書き込むファイルをクリックし、ドライブへドラッグします。
    2015 DVD 6
    ※複数選択する場合は「Ctrl」キーを押しながらファイルをクリックします。 ※連続しているファイルは最初のファイルをクリックし、「Shift]キーを押しながら最後のファイルをクリックします。
  7. 「ディスクに書き込む準備ができたファイル」が表示されたら「管理」タブをクリックします。
    2015 DVD 7
  8. 「書き込みを完了する」をクリックします。
    2015 DVD 8
    ※データを追加する場合は、再度ファイルをドラッグすれば追加できます。
  9. ディスクへの書き込みが表示されます。 「ディスクのタイトル」ボックスに任意のタイトルを入力します。
    2015 DVD 9
  10. 「書き込み速度」ボックスから任意の速度を選択して、「次へ」をクリックします。
    2015 DVD 10
    ※ディスクによっては書き込み速度が選択できない場合があります。
  11. ファイルの書き込みが開始されます。書き込みが終了するまで待ちます。
    2015 DVD 11
  12. 書き込みが完了したら、「完了」をクリックします。
    2015 DVD 12
    ※同じ内容のDVDを複数作成する場合は、「はい、これらのファイルを別のディスクに書き込む」にチェックをいれて「完了」をクリックします。
  13. 以上で操作完了です。ディスクにデータが書き込まれていることを確認して下さい。
 Posted by at 12:09 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.