4月 062011
 

Windows7標準の機能を使って、無線LANでインターネットに接続する方法は、次のとおりです。

  1. 事前準備をする
  2. 無線LANに接続する

■手順1 事前準備をする

  • 接続設定を作成するには、設定に必要な情報の確認や無線LANの電波を発信する必要があります。

例)富士通 LIFEBOOKで、ワイヤレススイッチのある場所

※各メーカによってスイッチの有無、場所は異なります。詳しくは、各機器のメーカーサイト等をご参照ください。

無線LAN(ワイヤレスLAN)機能を搭載したLIFEBOOKには、電波のON / OFF (発信 / 停止)を切り替えるワイヤレススイッチがあります。
無線LANに接続するときは、ワイヤレススイッチをONにして、電波を発信します。

<ワイヤレススイッチの位置>

A550B:本体右側面

無線LANアクセスポイントの設定値を確認する

無線LANでインターネットに接続するときは、無線LANアクセスポイントの設定値をPCに設定する必要があります。

無線LANアクセスポイントとは、無線LANでPCをネットワークに接続する機器です。

設定値

  • SSID(ESSID)
    無線LANアクセスポイントに設定されたネットワークのグループ名です。
    PCとアクセスポイントのSSID(ESSID)は、同じ設定値を入力または選択します。

設定値:BunkyoShonanIWLAN

  • セキュリティの種類(ネットワーク認証)
    無線LANアクセスポイントの暗号化規格です。
    キャンパス内ではWPA2-パーソナル(WPA2-PSK)を利用します。

PCとアクセスポイントのセキュリティの種類は、同じ規格を選択します。

  • 暗号化の種類
    無線LANアクセスポイントの暗号化プロトコルです。
  • セキュリティキー(パスフレーズ)
    無線LANアクセスポイントの暗号化キーです。
    情報システム室にお問い合わせください。

■手順2 無線LANに接続する

手順は、次のとおりです。

※お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

1.「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

2.「コントロールパネル」が表示されます。

「ネットワークとインターネット」をクリックします。

※「ネットワークとインターネット」が表示されない場合は、「ネットワークと共有センター」アイコンをクリックして、手順4.へ進みます。

3.「ネットワークと共有センター」をクリックします。

4.「ネットワークと共有センター」が表示されます

「ネットワークに接続」をクリックします。

5.無線接続の一覧が表示されますので、「他のネットワーク」をクリックし、「接続」ボタンをクリックします。

※「自動的に接続する」のチェックを入れたままにしていただくと、次回以降設定を行う必要がありません。お使いのPCに設定を保存したくない場合のみ、チェックを外してください。

6.SSIDの入力を求められましたら、以下設定値を入力します。

SSID:BunkyoShonanIWLAN

入力が完了したら、「OK」ボタンをクリックします。

7.ネットワークセキュリティキーを求められますので、ネットワークセキュリティーキーを入力します。
ネットワークセキュリティキーの値は情報システム室にお問い合わせください。
入力が完了したら、「OK」ボタンをクリックします。

8.ネットワークと共有センターに戻ります。

「アクセスの種類」欄に、今回設定したネットワーク名”BunkyoShonanIWLAN”が

表示されていることを確認します。

「アクティブなネットワークの表示」欄が識別中になっている場合、そのまま少々お待ちください。

時間がたつと、以下画面に遷移します。

※しばらくしても画面が変わらない場合、そのまま次の項目に進んでもネットワーク接続を行うことができます。

9.引き続き、ネットワーク接続に必要な、認証の手続きを行います。
詳細は、こちらのページにてご確認ください。

 Posted by at 1:29 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.