3月 022011
 

署名とは、メールの最下部に送り主の名前や連絡先を記載する機能です。
Gmail では、決まった内容の署名を自動的につけるように設定することができます。

署名の内容

学生さんの場合、署名には以下の内容を含めるのが一般的です。

  • 華美すぎない区切り文字、飾り文字
  • 大学名、学部、学科
  • 学籍番号・氏名
  • メールアドレス

※電話番号を含めるかどうかは、慎重に判断して下さい。
※学年は必ずしも必要ないかも知れません。学年を含めるのであれば、毎年度更新して下さい。

ネット上には様々なメール署名のサンプルがあります。利用規約を守って利用しましょう。

署名の自動挿入方法

署名の設定方法は以下の通りです。

  1. Gmail ページの右上部にある [歯車マーク] をクリックします。2015 Gmail 設定 1
  2. [設定]をクリックします。2015 Gmail 設定 2
  3. [全般]タブを開き、ページ中央の[署名]の項目までスクロールします。2015 Gmail 署名 1
  4. 自分のメールアドレスが表示されていることを確認し、メールアドレスの項目にラジオボタンにチェックを入れます。
  5. 下図の赤枠の中をクリックします。
    赤枠のテキストボックス内に表示したい署名 を入力します。

    2015 Gmail 署名 2
  6. 署名を設定すると、署名の上に「–」という行が自動で挿入されます。この「–」は本文と署名の区切りを示す記号です。
    この行を入力したくない場合は[返信で元のメッセージの前にこの署名を挿入し、その前の「–」行を削除する。]にチェックを入れてください。
    2015 Gmail 署名 3
  7. ページの下の方にある、[変更を保存]ボタンをクリックします。
    2015 Gmail 署名 4
  8. 以上で署名の設定は完了です。
    メールを作成した時に署名が追加されるのを確認して下さい。
    2015 Gmail 署名 5
 Posted by at 8:20 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.