12月 202017
 

データのバックアップはなぜ必要なのか?

デジタルデータ、膨大な量の情報が場所を取らずに保存できるというメリットがある一方で、ほんのちょっとしたトラブル(操作ミス等)で重要なデータを一瞬にして喪失しかねないデメリットもあります。
また、バックアップを取ったつもりでも、USBメモリなどに保存したデータが読み込めなくなる、というトラブルに見舞われデータが復旧できなかったということもあります。

【USBメモリの記録方式ごとによる寿命の目安】

記録方式 書き換え回数の目安 寿命の目安
SLC 10万回程度 10年程度
MLC 3000~1万回程度 5年程度
TLC 500回 1年~

 

寿命や故障が原因で読めなくなったUSBメモリに保存しているファイルなどは復旧できません。
そういうリスクをなくすためにも、バックアップを取得しておくことをお薦めします。

各種バックアップメディアの紹介

課題提出するための大事なファイルのバックアップを取り、紛失することを防ぎましょう!!
繰り返しになりますが、一度紛失したファイルは元に戻りません。

バックアップを取ったデータをさらにバックアップをすることも重要です!
※バックアップを行う際には、必ずファイルまたはフォルダをコピー&ペーストで保存してください。

以下、代表的なバックアップ先メディアを紹介します。

  • 外付けHDD(ハードディスクドライブ)
  • 外付けSSD(ソリッドステートドライブ・HDDより高速なドライブ)
  • OSが入っているディスクと物理的に別な内蔵HDD・SSD
  • USBメモリ
  • ブルーレイディスク/DVD
  • NAS(ネットワークに直接接続して使用するHDD)

※外付け:USBなどでPCに接続して使う外部機器
※内蔵 :PC内部に組み込まれている機器

その他にもオンラインストレージに保存する方法もあります。
※文教大学ではオンラインストレージも用意しておりますので併せて有効にご活用ください。

GoogleDrive

  • 物理的なものに保存をするわけではないため、ID・PWを覚えておけば持ち運ぶものはない!
  • 学内だけではなく学外PCからもデータ読み込み、編集が可能!
  • 30日前であればデータを戻すことができる!
  • 湘南メールアドレスで学生同士の共有が可能!          

GoogleDriveご利用方法

以下、GoogleDriveご利用方法のページになります。
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/sysroom/?p=7713#more-7713

 

ご不明な点があれば情報システム室までお越しください。

Sorry, the comment form is closed at this time.