10月 142015
 

コンテンツ系研究室が中心になって情報学部の研究成果を発表します。

2015年10月22日(木)~25日(日)開催(22日はプレス向け)

 「Content Technology Showcase」

会場:日本科学未来館、主催:デジタルコンテンツ協会

Content Technology Showcase(CTS)

  https://www.dcexpo.jp/exhibition_index


高田研究室

立体映像、CG等のインタラクティブな総合的コンテンツの開発をめざしており、Reallusion社のiCloneでKinectを活用し”インタラクティブ・コンテンツ”の可能性を模索しています。
参加者は会場で”力士”や”歌舞伎役者”に変身することができます。

画像1

 

川合研究室

情報をデザインするということをテーマに実在する街並み(茅ヶ崎市・藤沢市)を対象とした大規模都市空間シミュレーションシステム。

画像2

ひらがなやカタカナなどの日本語学習のための海外スマートフォン向けディジタルコンテンツの実機によるデモンストレーションを行います。

 画像3

 

藤掛研究室

情報の源泉はリアルワールド、つまり現実の世界です。現実の世界にありながらもファンタジックな手ごたえを追い求めるのがオブジェ・アートです。
独自のレトロ感覚をお楽しみください。

 

お問い合わせ:mmtake@shonan.bunkyo.ac.jp  高田 

 Posted by at 3:53 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.