12月 132010
 

「強固なパスワード」とは、以下のようなパスワードです。このことに留意して、パスワードを考えてください。

  • 個人情報(ユーザID、名前、電話番号など)から推測できない。
    (家族や友人の個人情報なども使用しないでください)
  • 辞書に掲載されている単語を、そのまま使用していない 。
    (例えば、「Password」という単語をそのまま使う事は、安全ではありません)
  • 変更前のパスワードと似ていない 。
    (例えば、「1aB9cD8e」 から 「2aB9cD8e」に一文字だけ変更する事は、安全ではありません)
  • アルファベットの大文字と小文字、数字が混在している。
    (例えば、「aabbccdd」などは安全ではありません)
  • 文字数をなるべく長くする。

以下は強固なパスワードの作成方法の一例です。参考にしてください。

  1. 自分が覚えられる文章を考えます。
    例:And Then There Were None(小説の題名を引用)
  2. 1.で考えた文章を元に、各単語の最初の文字を取るなどをして、意味の無い単語を作成します。
    例:ATTWN
  3. 2.でできる単語が複雑になるように、文字を追加したり、大文字、小文字、数字を組み合わせたりするなどをして、パスワードを作成します。
    例:ATTWN -> ATTWWN -> aTtWwN -> aT1tW0wN
  4. 作成したパスワードの安全性を確認する為、3.で作成したパスワードを、パスワードチェッカーでテストします。 ※ 入力したパスワードは記録されません。
 Posted by at 9:28 AM

Sorry, the comment form is closed at this time.