10月 052012
 

Googleの提供するサービスの一部(GmailやGoogleカレンダーなど)は、旧版ブラウザでのサポートを行っていません。そのためInternet Explorer6、7などの古いブラウザでGmailを開いた際に、不具合が発生したりサービスが利用出来ない場合があります。

このページでは、Googleの提供するブラウザ「Chrome」をインストールし、Gmailを使う時だけChromeが使えるようにする手順を紹介します。(普段のホームページ閲覧はこれまで通りInternet Explorerが利用できます)

Google Chrome(グーグル クローム)を導入する

Googleの提供するインターネットブラウザ「Google Chrome」を導入する手順です。

  1. こちらの手順を参考に、Google Chromeをインストールします。
  2. Google Chromeの初回起動時に表示される「既定のブラウザに設定しますか」はキャンセルしてください。
  3. 以上でGoogle Chromeの導入手順は完了です。
    続いて「Gmailを起動するショートカットを作成する」にお進みください。

Gmailを起動するショートカットを追加する

GmailをGoogle Chromeから起動するショートカットを、デスクトップ上に追加する手順です。
同様にスタートメニューやクイック起動バーにもショートカットを追加できます。

  1. 湘南キャンパス用Gmailログインページにアクセスします。
  2. ID、パスワードを入力してGmailにログインしてください。
  3. ウィンドウ右上の「≡」アイコンをクリックして、「ツール」→「アプリケーションのショートカットを作成」をクリックします。
  4. ショートカットを作成したい場所にチェックを入れてください。
  5. 「作成」ボタンをクリックするとチェックした場所にショートカットが作成されます。
  6. 以上でGmailショートカットの作成手順は完了です。

shote_select

IEとChromeを使い分ける

以上でInternetExplorerとChromeを使い分ける準備ができました。
Webページの閲覧・グループウェア・各種ITシステムを使う時はこれまで通りInternetExplorerを利用し、
Gmailを使う時だけGmailのショートカットからChromeを利用して下さい。

 Posted by at 12:44 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.