情報学部メディア表現学科 酒井信ゼミナール卒業研究発表会についてのお知らせ

情報学部メディア表現学科 酒井信ゼミナール卒業研究発表会についてのお知らせ
 
下記の日時に卒業研究発表会を実施いたします。発表の合間の入退室は自由ですので、関心のある方はぜひご参加下さい。
 
2018年度 酒井信ゼミナール卒業研究発表会(1月16日水曜1、2限 1208教室)各発表12分、講評3分
 
9:30 
開会の辞 酒井信
9:40〜9:55
「祭りと地域の関係性についての研究 〜栃木県鹿沼市を事例として〜」 湯田大士
9:55〜10:10
「生活に溶け込む写真とメディアの研究」 小島葵
10:15〜10:30
「人口減少とインバウンド客増加から見る現代日本のテーマパークのあり方の研究」 飯島拓也
10:30〜10:45
「宅配便再配達問題におけるメディア報道の研究」 宮崎夕
 
11:00〜11:20
冊子「メディア表現 第2号」メイキング映像と概説 衛祐樹 川角真優香
11:25〜11:40
「日本におけるフィリピンのメディア報道の研究」 鈴木裕明
11:40〜11:55
「Web 上の観光広報に関する比較研究 ~東京、横浜、長野県諏訪市を事例として~」 小島奈津絵
11:55〜12:05
「インバウンド報道と地方の観光状況に関する考察」 渡邊遥希
12:05〜12:15 
閉会の辞 総評 酒井信