マルチ商法対策講習会の実施について(兼リーダー研修会)

2022年4月より成人年齢が18歳に引き下げになることから、全国的にも消費生活教育としての啓発活動が求められています。また、湘南キャンパスでも、過去に一部学生の間でマルチ商法による被害が発生したこともあり、今後も被害が発生する可能性が否定できません。

マルチ商法の被害は、クラブやサークルなどを介して被害が拡大することも多いことから、課外活動団体の代表者等を対象に「マルチ商法対策講習会」を実施することといたしました。

なお、定員に余裕があるため、一般の学生(特に1年生、2年生)の参加を歓迎いたします。

 

1.実施日時
2021年7月14日(水)16:30~ (60分程度)
※Zoomを利用したオンライン開催です。

2.参加対象
①課外活動団体の代表者等(代表者を含む4名の参加を必須とします
②湘南校舎1年生、2年生の受講希望者

3.講習会内容
「若者をねらった悪徳商法~マルチ商法・架空請求・不当請求」
(講師:茅ヶ崎市消費生活センター 職員)
・マルチ商法とはなにか:定義・種類・実情
・大学における昨今のマルチ商法問題
・学生がマルチ商法の被害に遭わないための対策について
・学生がマルチ商法に関係してしまった場合の相談窓口について
・その他消費生活トラブルについて

4.申し込み方法
 Googleフォームから申し込み
 【申込〆切】2021年6月30日(水)23:59
※「@bunkyo」でログインしてください。

5.参加方法
フォームからの申込後、登録されたメールアドレス宛にZoomのミーティングURLを送付します。