令和2年度 介護等体験の「代替措置」について(実施方法等のお知らせ)

8月31日にお知らせした令和2年度 介護等体験の「代替措置」について、詳細が決定しました。以下の手順に従って、締め切りまでに各自で代替措置の手続きを完了させてください。全ての手続きが完了すると、特別支援学校2日間・社会福祉施設5日間、合計7日分の介護等体験を免除することができます。

【代替措置の手順】
1)下記のmanabaコースにて代替措置を実施します。すみやかに確認ください。
 ・KTZ005「介護等体験代替措置(情報・国際・経営)」

2)全体の手順は「スレッド」に記載していますので、熟読してください。

3)2種類のコンテンツの《いずれか一方》を学修のうえ、所定の様式で「レポート」を提出してください。レポートの締切は、12月23日(水)17時です。
コンテンツには相応のボリューム(15講分)がありますので、計画的に取り組んでください。

4)担当教員によるレポートの確認を受けられたら完了です。記述の量が不十分な場合などには、再提出を求めることがあります。

5)レポートまで完了した方には、事務局より必要な手続きをご案内します(書類への署名・押捺をしていただきます)。