2020年度春学期集中講義予定(湘南校舎)について

2020年度春学期の湘南校舎における集中講義は以下のとおり実施予定です。

 

2020年度春学期集中講義実施方法

 

●対面での実施に関する詳細は末尾に記載するほか、履修予定の方へB!bb’sで詳細をご連絡します。必ずご確認ください。

●オンライン実施を含む各授業の詳細な実施方法は、7月中にmanabaに掲載されます。

●オンデマンド型授業のコンテンツは、8月1日以降を目途に公開される予定です(課題提出等をともなわない教材等のみの提示は、7月中から開始される場合もあります)。

 

(以下、対面授業の実施について)

1.対面授業を実施する科目及び実施日等について
①対面授業を実施する対象科目や授業実施日等を確認してください。ただし、首都圏において感染者の増加がみられる状況にありますので、本学では引き続き、状況を注視し、対面授業の中止等の予定変更を行う場合は、決定次第、大学HP等でお知らせします。
②対面授業実施に関する詳細は、必要に応じ、実施日の1週間前までに授業ごとに各受講者へ連絡します。(manabaに掲載予定)
③現在、遠隔地に居住して登校が困難な場合や、基礎疾患を有している等の理由により対面授業の受講を希望しない学生は無理に登校しなくとも、科目履修等において不利にならないように対応します。
対面授業の受講を希望しない場合は、対面授業実施日の5日前までに、以下のフォームより申請してください。
この申請により対面授業を欠席した場合、授業ごとに代替措置がとられますので先生の指示に従ってください。

対面授業欠席申請フォーム(集中講義)

 

2.対面授業実施にあたっての感染症対策について
①対面授業参加者は授業に先立って,7日前から健康観察を行うこととします。
②当日の入構時においてもサーモグラフィーによる検温を行います。
③履修者をグループ分けするなどして、教室内の密集・密接を防止することとします。
④教員・学生ともにマスクを着用することとします。
⑤一定時間ごとに教室の換気を行います。
⑥教室や器具等の入念な消毒を行います。
⑦その他、各授業の実情に応じ、必要な感染症防止策を講じます。

 

3.授業実施に関する注意事項等について
①授業を受講するために登校する場合、事前予約の申請は不要です。ただし、感染防止の観点から、授業同日にPC教室・図書館の利用を希望する場合は、2日前までに入構手続きの事前申請を行ってください。(感染症の状況により、行内施設利用のルールは変更になる場合があります)

(大学構内への立入禁止措置の一部緩和にともなう入構手続きについて(7月16日以降の入構))

②登校の際には所定の健康観察記録表を作成し持参してください。
③校舎へ入構する際は必ず受付に申し出てください。受付では「学生証」の提示をお願いします。なお、受付の場所は掲示にてご案内しています。
④受付時には注意事項の説明や検温等を実施します。校舎内での行動等については必ず指示に従ってください。
⑤入構に時間がかかる場合があります。時間に余裕をもって登校してください。
⑥通学時の感染防止策として、公共交通機関を利用するときは会話を控えてください。また、可能な限り混雑する時間を避けて、余裕をもって登校してください。
⑦体調に不良、不安がある場合は登校を中止してください。授業を欠席する場合は、上記「1-③」に記載の取り扱いとなります。

 

4.対面授業の中止等の予定変更を行う場合について
各校舎の所在地や近隣の都県へ緊急事態宣言が発令された場合は直ちに対面授業を中止します。今後の新型コロナウイルス感染状況等により、対面授業の中止を含めて授業実施予定の見直しを行う場合は、大学HPでお知らせするとともに、授業ごとに受講者へ連絡します。

 

本件について、電話による確認や相談は受付けておりませんのでご理解、ご協力をお願いいたします。