日本学生機構奨学金採用者(7月初回振込)の手続きについて

※大学で申込をした結果、7月初回振込で採用された方のみ対象

 

日本学生支援機構奨学金(貸与/給付及び授業料減免)採用者(7月初回振込の方)資料を郵送しました。

郵送された資料を確認し、必ず下記のとおり書類を提出してください。

【注意】

  • 返還誓約書・誓約書等の書類を、期日までに不備なく提出しないと「採用取消」となり、それまで振り込まれた奨学金を直ちに返金しなければなりません。
  • 書類に不備があった場合は、再度、皆さんに郵送いただかなければなりません。不備なく提出できるように、資料をよく確認の上、慎重にご用意ください。

※給付奨学金と第一種奨学金の両方に採用された者へ

  • 給付奨学金の採用区分によっては第一種奨学金が振り込まれないケースがあります(調整・制限される為)。しかし、今後、給付奨学金の採用区分が適格認定によって変動した場合は、第一種奨学金が振り込まれていく可能性もありますので、必ず「誓約書」「返還誓約書(添付書類含む)」ともに提出してください。

 


1.給付奨学金奨学生の手続き

誓約書は給付奨学生として、学業に精励することを約束するとともに、これから受ける給付奨学金の支給の条件等を確認するための書類です(貸与奨学金のみの奨学生には封入されていません)。

「給付奨学生のしおり(9~15ページ)」を必ず熟読し、「誓約書」に必要事項を不備なく記入・押捺後、下記のとおり提出してください。

 

(1)「誓約書」(原本)を提出

※同封された「送付票」も記入・提出すること。

提出先 〒206-8799
多摩郵便局留 文教大学書類受付センター

レターパックもしくは簡易書留で送付すること。

郵便提出先は大学ではありません。

〆 切 2020年8月15日(土)※消印有効

※貸与奨学金と併用している場合は、「返還誓約書」及びその他添付書類もあわせて送付してください。

※誓約書に”【添付書類】奨学生本人の「住民票」”と記載のある場合は、マイナンバーの記載がない住民票も併せて郵送してください。

 

 

2.貸与奨学金奨学生の手続き

返還誓約書は、日本学生支援機構から奨学金を借り、卒業後は約束通り返還するという契約書です(給付奨学金のみの奨学生には封入されていません)。

「採用時説明資料」及び「奨学生のしおり(20~44ページ)」を熟読して不備なく作成し、下記のとおり提出してください。

 

(1)提出書類について

※同封された「送付票」も記入・提出すること。
第一種奨学金と第二種奨学金を併用しており、「返還誓約書」が2部ある場合は、その他の書類も2部ずつ提出が必要です。

全員共通 ・「返還誓約書」(原本)
※複写式2枚目の本人控えは切り離して手元に保管

 

・「返還誓約書記載事項訂正届」(印字情報を訂正した場合のみ)
※返還誓約書の印字内容を変更する場合に提出が必要です。
※「返還誓約書記載事項訂正届」は訂正することはできませんので、記入を誤った場合は用紙を再印刷して書き直してください。

「人的保証」選択者 ・連帯保証人の「収入に関する証明書類」(コピー可)

・【該当者のみ】「返還保証書」と「資産等に関する証明書類」

※連帯保証人及び保証人の印鑑登録証明書は、申込時に予め提出いただきましたので提出不要です。

「機関保証」選択者 「保証依頼書」(原本)
※複写式2枚目の本人控えは切り離して手元に保管

 

(2)提出先・締切

提出先 〒206-8799
多摩郵便局留 文教大学書類受付センター

レターパックもしくは簡易書留で送付すること。

郵便提出先は大学ではありません。

〆 切 2020年8月15日(土※消印有効

※給付奨学金と併用している場合は、「誓約書」もあわせて送付してください。