【2020年度教育実習】健康診断書の取り扱いについて

今般の構内立入禁止措置に伴い、今年度健康診断を学内で実施できておりません。

今年度教育実習に参加する方は、教育実習校に事前に健康診断書提出要否を確認いただき、健康診断書が必要とのことであれば以下の健康観察記録表での代替を相談してください。

・健康観察記録表(excelファイル)

 

なお、要望があれば、1~3年次の健康診断結果を保健センターから提供することは可能です。

 

繰り返しになりますが、教育実習に参加する皆さんは、以下の事項を遵守いただくようよろしくお願いいたします。

(1) 教育実習の実施の2週間程度前から、毎朝の検温及び風邪症状の確認を行うことや、感染リスクの高い場所に行く機会を減らすこと。実習中は、これに加えて、手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底し、マスクは常時装備することなど一層の感染症対策を行うこと。

(2)家族等の感染が確認されるなど自身が濃厚接触者に特定された場合、感染者と最後に濃厚接触した日から起算して2週間は教育実習への参加を見送ること。

(3)実習校では新型コロナウィルス感染症について文科省発出の 「新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」に基づいて対応しています。みなさんも目を通し事前理解すること。(インターネット検索でガイドラインの確認ができます。)

(4) 実習中は受入先である各学校等における感染症対策の指示に従い、発熱等の風邪症状やその他体調不良がみられる場合には、学校等と相談の上、生徒等との接触は絶対に避け、自宅で休養すること。